twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格216円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , エッセイ・インタビュー 作者 如月翔悟(paidon)
価格 216円(税込)
タグ 中島敦名人伝弓矢目の訓練宮本武蔵五輪書達人
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 20ページ (Web閲覧)
19ページ (PDF)
試し読み:15ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 さて、今回は、中島敦(あつし)の有名な『名人伝』についての考察であるが、それは、「……趙(ちょう)の邯鄲(かんたん)の都に住む紀昌(きしょう)という男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。当今(とうこん)弓矢をとっては、名人・飛衛(ひえい)に及(およ)ぶ者はないと思って、紀昌(きしょう)は、遙々(はるばる)飛衛(ひえい)をたずねてその門に入った」とある。そして、その目の訓練は、宮本武蔵の『五輪書』の中にある「目付」とも共通するところがあり、宮本武蔵の「修行」とも重ね合わせた考察であり、最後に、その道の「極み」とは、一体、どのようなものになるのかという考察(内容)であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

この本には試し読みが 15 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる