twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格216円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , エッセイ・インタビュー 作者 如月翔悟(paidon)
価格 216円(税込)
タグ 中島敦名人伝弓矢目の訓練宮本武蔵五輪書達人
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 20ページ (Web閲覧)
19ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 さて、今回は、中島敦(あつし)の有名な『名人伝』についての考察であるが、それは、「……趙(ちょう)の邯鄲(かんたん)の都に住む紀昌(きしょう)という男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。当今(とうこん)弓矢をとっては、名人・飛衛(ひえい)に及(およ)ぶ者はないと思って、紀昌(きしょう)は、遙々(はるばる)飛衛(ひえい)をたずねてその門に入った」とある。そして、その目の訓練は、宮本武蔵の『五輪書』の中にある「目付」とも共通するところがあり、宮本武蔵の「修行」とも重ね合わせた考察であり、最後に、その道の「極み」とは、一体、どのようなものになるのかという考察(内容)であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧