目次
試験対策と本書の使い方
第一次試験の概要
出題意図の把握
下書き第1段階
下書き第2段階
短文式 問題・解答例
問1
問1 解答例 保険外併用特定療養費制度
問2
問2 解答例 地域包括ケアシステム
問3
問3 解答例 急性期病院の外来
問4
問4 解答例 傾聴の具体的手法
問5
問5 解答例 バランススコアカードの戦略マップ
問6
問6 解答例 指定管理者制度
問7
問7 解答例 医療機器管理
問8
問8 解答例 コーポレート・ガバナンスの目的
問9
問9 解答例 医療法人の附帯業務
問10
問10 解答例 DPC
問11
問11 解答例 人事制度
問12
問12 解答例 リスクマネジメント
問13
問13 解答例 ISMS
問14
問14 解答例 クリニカルパス
問15
問15 解答例 社会医療法人の役割
問16
問16 解答例 がん地域連携クリニカルパス
問17
問17 クライシスマネジメント
問18
問18 解答例 医療法人附帯業務4要件
問19 
問19 解答例 ミッションとストラテジー
問20
問20 解答例 理事会、幹部会の役割
問21
問21 解答例 自治体病院の経営悪化
問22
問22 解答例 医療事故
問23
問23 解答例 BSCと目標管理制度
問24
問24 解答例 漢方医療
問25
問25 解答例 効率性係数
問26
問26 解答例 BSC4つの視点
問27
問27 解答例 PFI 今後の対策
問28
問28 解答例 チャンドラー
問29
問29 解答例 ノンバーバルコミュニケーション
問30
問30 解答例 地域医療連携パス
問31
問31 解答例 介護施設の共通点
問32
問32 解答例 差額ベッド代
問33
問33 クリニカルパスのバリアンス
問34
問34 リスクマネージャー会議
問35
問35 DPC/PDPS包括点数
長文式 問題・解答例
問1
問1 解答例 地域医療連携推進法人
問2
問2 解答例 保健医療2035
問3
問3 解答例 組織活性化及び経営向上のための施策
問4
問4 解答例 医療法人業務と地域包括ケアシステム
問5
問5 解答例 地域包括ケアシステムの課題
問6
問6 解答例 2025年に向けての病棟再編戦略
問7
問7 解答例 地域医療構想調整会議
問8
問8 解答例 国民皆保険制度
問9
問9 解答例 診療科目別原価計算
問10
問10 解答例 病院組織の特性
問11
問11 自治体病院の事務職員
問12
問12 解答例 マイナンバー制度
問13
問13 解答例 医療事故調査制度
問14
問14 解答例 病棟再編成
問15
問15 解答例 第三者評価
問16
問16 地域包括ケア病棟と地域包括ケアシステム
問17
問17 解答例 DMAT
問18
問18 解答例 BCP
問19
問19 財務会計と管理会計
問20
問20 解答例 直接金融と間接金融
問21
問21 解答例 外来患者の減少の背景と対策
問22
問22 解答例 社会医療診療行為別調査結果
問23-1
問23-2
問23-3
問23-4
問23-5
問23-6
問23-7
問23 解答例 財務諸表分析
問24
問24 解答例 看護助手採用
問25-1
問25-2
問25 解答例 少子高齢化
問26
問26 解答例 労基署対策
問27
問27 解答例 社会医療診療行為別統計
問28
問28 解答例 医療法人の経営戦略
問29
問29 解答例 自治体病院の特殊性
問30
問30 健康長寿のための具体策
問31
問31 入退院支援加算
問32
問32−1 医療機関のステークホルダー
問32−2 医療機関のステークホルダー
問33
問33 認知症ケア加算
問34
問34 高齢者向け住宅の事業リスク
問35
問35 介護医療院

閉じる


<<最初から読む

7 / 152ページ

試し読みできます

問2

問2 地域包括ケアシステムにおける医療法人の役割を述べよ(70字程度)。


試し読みできます

問2 解答例 地域包括ケアシステム

【解答例】

病院・診療所により医療を行い病気を予防する。訪問看護、訪問介護、福祉用具貸与等により生活を支援し、老健、高齢者住宅により住まいを提供する。

(69字)

 

【解説】

地域包括ケアシステムとは、重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まいを中心に、医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステムである。

 

医療法人では、高齢者に医療が必要になった場合には、病院・診療所で外来医療、入院医療を提供する。高齢者に介護が必要になった場合には、居宅介護支援事業所でケアプランを作成し、介護老人保健施設での入所サービス、デイサービス・デイケアの通所サービスなどを提供する。自宅での生活療養支援をする場合には、訪問介護や訪問看護を提供する。また、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の運営などにより住まいを提供する。

 


試し読みできます

問9

問9 病院でなぜ診療科目別原価計算が普及しないのか論述せよ(400字程度)。


試し読みできます

問9 解答例 診療科目別原価計算

 診療科目別原価計算が病院に普及しない理由としては、費用配賦が容易でない、恒常的な赤字診療科の存在などが挙げられる。 

 材料を払出の都度、どの診療科のために使ったのかを明確にする必要があるが、賦課は容易ではない。また、人件費の配賦を業務従事割合により行う場合、配賦割合が恣意的に決定されるおそれがある。 

 原価計算を人事考課目的で行う場合、診療科ごとの利害調整が必要になる。配賦基準の合理性について各診療科の同意が得られない場合、人事考課で活用されないことになる。

 産婦人科、小児科のような診療科の場合、原価に見合った診療報酬が設定されていないため、配賦基準にかかわらず不採算となる。赤字を医師、看護師等に示すことでモチベーションの低下、離職につながるおそれがある。そのため、経営者が診療科目別原価計算の導入に踏み切れないことがある。

 

361字)


試し読みできます

問22

下記の「社会医療診療行為別調査結果の概況」(入院、75歳以上)より読み取れることを論述せよ。

 

 

 


試し読みできます

問22 解答例 社会医療診療行為別調査結果

 表のうち検査・画像診断・投薬・注射が減少している。DPC算定病棟、地域包括ケア病棟など包括算定をする病棟に移行することにより、過剰検査・投薬が抑制されたためであると考える。
 次に、入院料等が増加している。診療報酬点数が最も高い入院基本料である7対1一般病棟入院基本料の算定病院数が増えたためと考えられる。回復期のみならず急性期でのリハビリが行われている影響で、リハビリテーションが増加傾向にあり、入院診療費の中でもウェイトが大きくなっている。手術は、白内障手術、ポリープ切除術などの日帰り外来手術への移行などにより点数が下がってきている。

 平均在院日数(1件あたり日数)が短くなってきている。近年、診療報酬改定により入院日数の短い病棟を評価し、在宅医療の充実が図るよう誘導している。退院後も外来の他、訪問診療、訪問看護、訪問リハで在宅医療を行うという流れの表れであると考えられる。

(390字)


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格2,000円(税込)

読者登録

長 英一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について