目次

閉じる


 

 

 

 

 

 

 

  ここは、とある町の中華そば屋さん

 

 

 

 

 

 

 

     おばあちゃんは朝早くから仕込みをし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遅いときは夜9時すぎまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         一人で、中華そばを作っている

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

   ご愛読ありがとうございます。パブー終了に伴い

 

 

   続きはこちらから見れます。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

azmaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について