twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 作者 うえだみつお
価格 無料
タグ 曹操歩出夏門行亀雖寿黃節老驥伏櫪志在千里烈士暮年壮心不已養怡之福可得永年志は千里にありこころざしはせんりにあり『三国志』三国時代
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

7 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 18ページ (Web閲覧)
24ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
中国の三国時代、魏(220~265年)を実質上創立した曹操は詩人でもあった。その曹操が作成した「歩出夏門行」の第五首「亀雖寿」に新解釈を加えた。従来の「養生に努めれば長生きができる」は誤訳であり、「平和を保ち幸福な世界を築けば天寿を全うし長寿を得ることができる」が正しいと考える。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる