閉じる


<<最初から読む

14 / 31ページ

 

 ナオ子は、ちゃんと面倒を見る人がいるなら、特に問題はないように思えた。眉を八の字にした沢富に、ナオ子は声をかけた。「一度、今の飼い主さんに、お会いさせてもらえないの。こんなに、ひろ子さんが、お願いしてるんだから。きっと、わかってもらえると思うんだけど」譲り受けるからには、当然、責任が付きまとう。老犬だから、いつ病気するかわからない。万が一、早死にでもさせたら、今の飼い主に、何と言ってお詫びをすればいいものか。飼い主が手放したくないと言ってくれると一番いいのだが、まずいことに、一度、飼い主の福山宅に伺った時、譲ってもいいような口ぶりだった。ここまで、話が進んでは、一度ひろ子に老犬を会わせて、相性を見てみることにした。「そうですか。そこまで、準備されているんですか。でも、犬を飼うには、飼い主と犬との相性というものがあるんです。もし、お見合いをして、老犬に嫌われたなら、譲り受けることはできません。それでも、会ってみたいといわれるならば、先方に、連絡を取ってみます。会われますか?」

 

 ひろ子は、笑顔で身を乗り出した。「あ~~、一刻も早く会いたい。その犬って、シェパード?オス?メス?名前は?」気乗りしなかったが、返事した。「シェパードじゃありません。オスのビーグル犬で、名前は、ビヨンド号です。現役の時は、とても優秀で、何度も表彰された名犬だそうです。そこまで、老犬にこだわるのであれば、連絡を取ってみます。でも、飼い主が、譲ってくれるとは限りませんよ。そのことは、了解していてください」ひろ子の頭には、耳が垂れたかわいいビーグル犬の顔がくっきりと浮かんでいた。「もちろんよ。強引なお願いは、しないわ。誠心誠意、ビヨンド号にお願いする。きっと、わかってくれると思う。ぜひ、連絡を取って」

 

 ついに押し切られたかと観念した沢富は、明日の午前中に連絡することにした。「それじゃ、明日、連絡してみるよ」ひろ子は、身を乗り出して、即座に返事した。「え、今、連絡取れないの?日曜日だから、飼い主さん、家にいるんじゃない。電話してみて」全くせっかちなんだからと心でつぶやき、内ポケットからスマホを取り出した。右手の人差し指で福山宅にタッチすると、二回の呼び出しで応答があった。「こんばんわ。先日お伺い、いたしました、沢富です。今、お電話よろしいでしょうか?」福山は、即座に返事した。「はい。どうぞ」沢富は、電話でお願いするのは、少し気が引けたが、思い切ってお願いすることにした。「先日のビヨンド号の件なのですが、口森さんという方が、ビヨンド号に会わせてもらえないかといわれてまして、どうでしょうか?」

 

 

 


 いい方がいれば譲ってもいいと思っていた福山は、快く返事した。「どうぞ、どうぞ。いつでもどうぞ。どちらから、いらっしゃいますか?」沢富は、小声でひろ子に確認した。「ひろ子さん、いつでもいいそうですよ。改めて、電話しましょうか?」ひろ子は、即座に返事した。「来週の日曜日はどうか、聞いてみて」沢富は、福山さんに返事した。「対馬からうかがうんですが、来週の日曜日は、いかがでしょう?」福山は、快く承諾した。「よろしいですよ。来週の日曜日ですね。何時に来られても、結構ですから、気を付けて、いらしてください。お待ちしています」沢富は親指と人差し指で作ったOKサインをひろ子に見せると、別れの挨拶をした。「ありがとうございます。来週、日曜日、14日の午後1時ごろ伺います。それでは、失礼いたします」

 

 来週会えるとわかったひろ子は、沢富に感謝した。「サワちゃん、ありがとう。サワちゃんも、一緒に行ってくれるのよね」心では乗り気ではなかったが、しぶしぶ了解の返事をした。「お願いしたのは、僕だから、一緒に行きます。でも、犬との相性がありますから、あくまでも、強引なお願いは、しないでください。飼い主は福山さんといわれる方で、長崎県警の元刑事です。すごく動物が好きな方で、ビーグル犬以外にチワワ、柴犬、まだいたな~、三毛猫と九官鳥もいたような。とにかく、にぎやかな家なんです」ペットが一匹だと、手放すとなれば飼い主はさみしくなるから、手放すのを渋るとい思ったが、ほかに犬猫がいれば、譲ってくれそうに思えた。

 

 ひろ子は、出口の仇打ちが一歩前進したような気がして、気合がみなぎってきた。たとえ老犬であっても、全く麻薬のにおいを忘れてしまったとは、考えられなかった。きっと、少しでも麻薬の匂いがすれば、反応してくれると信じたかった。出口が残した手紙には、上司の車で麻薬を運んだと書いてあった。となれば、北署の駐車場に麻薬が積み込まれた車がやってくるときが、きっと来ると考えた。いつやってくるかはわからないから、毎朝、北署の駐車場を散歩することにしたのだった。雲をつかむような捜査だと思ったが、自分でやれることを実行する以外になかった。老犬ビヨンド号には、気の毒だと思ったが、事情を話して、心からお願いすれば、きっとわかってくれるように思えた。その代わり、ビヨンド号が健康で、長生きできるように、できる限りの老犬介護をするつもりでいた。

 


 沢富は、今でも、老犬を飼うことには賛成できなかった。でも、喜んでいるひろ子を見ていると老犬の病気の心配をするより、老犬の介護を真剣に考えるべきではないかと思えてきた。元気な犬はかわいがって、よぼよぼの老犬はかわいがりたくないと思っている自分が、なんだか恥ずかしくなった。よぼよぼのジ~さんになっても、かつては、国家のために働き、人をいやしてくれたかわいいペット。そんなことを思っていると、ひょっとしたら、麻薬探知に役立つかもしれない、とよからぬことを思ってしまった。というのも、ビヨンド号を連れて、警部のうちに遊びに行ってはどうか、と考えたからだった。「ひろ子さん、譲ってもらえるといいですね。もし、譲ってもらえたら、僕もかわいがりますよ」

 

 あれほど反対していた沢富の心変わりに、伊達は皮肉を言った。「さっきまで、飼うのを反対してたのに、どういう風の吹き回しだ。結婚前から、尻に敷かれるようじゃ、先が思いやられるな~~、ハハハ」皮肉を言われたが、なんとなく、老犬が事件の解決に活躍してくれそうな予感がした。「先輩、そう、からかわないでください。老犬介護も、老人介護と同じように、大切だってことですよ。ペットを飼うんだったら、最期まで面倒見てやるのが、ヒューマニズムじゃないかと思いましてね」伊達が、顔をしかめて、さらに皮肉を言った。「何が、ヒューマニズムだ。出世のことしか考えてないくせに。エリートというやつは、口だけは、達者だからな」

 

 左遷されてかなりひがみっぽくなってしまったと沢富はあきれてしまった。でも、出世の道のない地方公務員の刑事から見れば、キャリアは、妬みの対象でしかないのだろう。正義のため、庶民の安全のため、と大義名分を並べ立てたとしても、ヒラ公務員で一生を終えなければならないと思うとみじめだろう。しかも、どんなに事件解決の実績を上げても、それは、当然の任務であり、出世の評価には値しない。さらに、家族を守るために、若いキャリアにペコペコ頭を下げなければならないという宿命までも背負わされている。おそらく、今のままでは、伊達の警察署長は、夢で終わるだろう。伊達は、そのことを悟っているに違いない。今、自分の生きがいを見つけ出そうと必死に、もがいてるのかもしれない。組織というものは、非情なものだと思うが、生きるということは、その人の創造でしかない。必ず、その人なりの未来は創造できるはず。

 

 


 

 ナオ子は対馬に左遷された伊達の落ち込んだ気持ちを察していた。しかも、唯一の息抜きにしていたヤフオクドームでの野球観戦もできなくなって、不満のはけ口を失っていることも読み取れた。また、ナオ子に対馬の田舎暮らしをさせたことへの負い目を感じていることも直感できた。一方、ナオ子自身の気持ちとしては、対馬に来る前は、社会から脱落してしまうようで絶望感に陥ったが、いざ、対馬に住んでみると、都会生活では経験できなかったやさしい心を持てるようになったと感じた。世間の噂ばかりを気にして生きてきた人生が、なんだか味気なく感じてしまった。

 

 また、対馬には、農業や漁業を体験できる農泊というのがあることを知った。試しにと、3月に、ひろ子と二人で農泊に出かけた。ナオ子は、初めて農業と漁業に触れて、人生が一変するほどの感動を覚えた。自然と直接触れ合う農作業によって得られる充実感は、今までに味わったことのない心地よい気持ちをもたらしてくれた。ナオ子は、今の心境を伊達に伝えることにした。「あなた、ちょっと聞いてよ。この前ね~、ひろ子さんと二人で、農泊に行ってきたのよ。農泊って、農業とか漁業を体験できる小旅行なの。すっごく楽しかった。対馬が、こんなに素晴らしいところだとは、思わなかったわ。今度は、みんなで、農泊に行きましょうよ。あなたが好きな船釣りができるのよ。対馬だったら、何年いたって、いいって感じ。住めば都、ってよく言ったものね。対馬は、最高」

 

 

 

 


           ひろ子への尋問

 

 ナオ子が対馬を気に入ってくれたことで、少しは伊達の気持ちは楽になったが、伊達にしてみれば、対馬の釣りより博多の屋台が恋しかった。博多に戻るためにも、一刻も早く、麻薬密輸ルートを摘発しなければならなかった。できることなら、出口巡査長の死の謎をも解明したかった。「ひろ子さん、話は変わるけど、出口巡査長とは高校のクラスメイトだったんだろ。ちょっと、彼の死が気になるんだ。彼について、聞かせてくれないか?なんでもいいんだ」ひろ子は、出口巡査長の死に疑問を持ってくれている警察官がひとりでもいると知ると、犬死した出口巡査長が浮かばれるように思えた。でも、出口巡査長が神への懺悔として残した手紙の内容を決して他言しない、とドギャン・シタトネ神父と交わした約束をひろ子は破るわけにはいかなかった。

 

 伊達は出口巡査長の経歴と家族構成を調べると同時にひろ子の過去も調べていた。ひろ子は上対馬高校卒業後、対馬南警察署に採用され、3年間の交通課勤務後、21歳の時に結婚を理由に退職。その後、23歳で離婚すると、福岡に転居し、タクシー運転手として勤務。なぜ、ひろ子は警察官であったことを隠していたのか?退職理由は、結婚とあったが、果たして、それは本当なのか?伊達は、ひろ子の過去を探りたくなかったが、出口巡査長の死を解明するためにはやむを得ないと心を鬼にした。伊達は、黙っているひろ子に取調室で被疑者を尋問するかのような口調で話しかけた。「なんでもいいんだ。ひろ子さん、話してくれないか?手掛かりが欲しいんだ。付き合っていた時も、あったんじゃないのか?」

 

 黙っていると伊達の心証を悪くすると思い、当たり障りない程度のことを話すことにした。「出口君とは、幼馴染で、高校のクラスメイトよ。単なる友達。出口君とは、3年前の同窓会以来、会ってないし、突然の死で、びっくりしてるんだから。こっちのほうが、知りたいぐらい」伊達は、腕組みをしてうなずいたが、長年の刑事の感から、何か隠していると直感した。「それだけですか?ほかに、何か、つかんでるんじゃないですか?ひろ子さんには、悪いと思ったが、ちょっと、調べさせてもらった。ひろ子さんは、かつて、対馬南署の警察官だったんですね」沢富とナオ子は、え~~~、と大声をあげて、驚いた。沢富が確認した。「本当ですか?ひろ子さん」

 

 



読者登録

サーファーヒカルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について