閉じる


<<最初から読む

1 / 19ページ

前書き

《初めに》

天皇は神である.

 

国家の支配者に正当性を与える神である.

 

若しくは、国家の支配者が天皇を神と認定する.

 

国家の支配者とは、徴税と徴兵の権力を持つ権力者のことである.

 

神と云う仰々しい言葉を、もっと単純な言葉に代えれば、記号です.

 

天皇とは、国家の支配者に正当性があることを示す記号です.

 

官僚用語で言い換えれば、象徴です.

 

《奈良時代まで》
大王家と豪族間で権力闘争をしていました.物部氏vs蘇我氏とか、中大兄皇子vs蘇我氏とかね.

 

大王家の一族内でも権力闘争をしていた.古人大兄皇子vs山背大兄王とか、天武vs大友皇子とかね.

 

武力によって物事を決めていたのです.

 

そのような情勢の中で、貴族政治家の舎人親王は、天皇を神に祀り上げる事を考え付いた.神代から続く万世一系と云う皇統を創りだして、神の末裔に天皇を置いた.神の権威が天皇に備わっていると云う物語を世の中に広めた.

 

その物語を使って、天皇家は他の豪族を牽制した.

 

その天皇家に、藤原氏が取り入って勢力を伸ばしたのです.


平安時代、前期

 

 

藤原摂関家が、国家の支配者となりました.

 

その正当性を、天皇の権威が支えました.

 

藤原氏はと天皇家の婚姻関係が繰り返された.他の氏族は権力から遠退くことになりました.


平安時代、後期

 

 

源氏や平氏の武士団が、新興勢力として頭角を現して来ていた.

 

太上天皇は、藤原氏の専横に不満を持っていました.荘園経営で私腹を肥やす藤原氏を排除しようと考えました.そのために、武士団を重用したのです.

 

そして太上天皇が、国家を直接支配するようになりました.

 

その正当性は、自分自身の権威が支えました.


平安時代、末期

 

 

武士団の実力は大きく成長した.公家の力では抑えることが出来なくなっていた.

 

その中、平清盛一族が抜きんでて、国家を支配した.

 

自分達の武力でもって、他の一族や源氏を制圧した.

 

その正当性は、天皇の権威が与えました.


鎌倉時代、初期

 

 

関東の武士団は、平家の専横に不満を持っていた.

 

源頼朝を担いで、関東の武士団が平家一門と武力衝突を起こしました.

 

源頼朝は戦いに勝ち、関東の武士団は平家の支配下から脱しました.頼朝は武家の棟梁となりました.

 

武士団それぞれの血筋は、遡ると天皇家に行きつく.

 

その天皇家が、頼朝の支配に正当性を与えました.



読者登録

茜町春彦さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について