twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 中山智幸
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,914 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
16ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
〈最後の日、寛司が披露した手品は、一〇枚の写真だった。観客であるはずの僕も指名を受けて舞台に引っ張り上げられた。〉 中山智幸のパブー短篇第3弾。ある男性と義理の弟の、交わるような、交わらないような時間を描いたお話です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

液タブ導入によって退役状態になった板タブ。これの液タブ化改造におけるあれこれをコミカルに著してみまし...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

もっとみる