twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック 歴史・時代 作者 糀谷キヤ子
価格 無料
タグ 時代物歌舞伎江戸時代
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

207 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 21ページ (Web閲覧)
22ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
実在した幕末の女形「三代目澤村田之助」が役者魂を見せつけるお話。

三代目澤村田之助とは幕末~明治初期にかけて活躍した歌舞伎役者です。女形として育ちますが、勝ち気で暴れん坊な性格のため立役もよくこなしたそうです。10代20代と当時のトップアイドルとして、男女問わず大人気でした。地位も守田座の立女形というトップに16歳という若さで昇進します。

しかし、脱疽という奇病にかかり、両手足を切断するという憂き目にあいます。それでも舞台に立ち続け、明治3年には江戸の大芝居すべての劇場に出演するという人気でした。
時代の変化と共に歌舞伎の状況も変わっていき、それについて行くだけの体力が残っていなかった田之助は
明治11年7月7日、七夕の日に浅草の自宅で亡くなります。享年34。
最後は狂死したと言われています。

そのドラマティックな人生は数々の小説や映画・舞台になって幕末の文化面の敗北者として、40年くらい前までは人気でした。

■コミティアとコミックマーケットにも出店しています。
サークル名:蟒(うわばみ) 
詳細はこちらをどうぞ→http://uwb3.com/

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧