閉じる


<<最初から読む

6 / 17ページ

音楽馬鹿 ギター馬鹿

暇さえあれば弾いてる

 

いや

 

暇じゃなくても弾いてる

 

音楽馬鹿さんめ

 

少しは構いなさいよ

 

二人でいるのに

 

このギター馬鹿め

 

怒りと寂しさを込めて頭にチョップ

 

あっ振り向いた

 

『...。』

 

『...。』

 

...あっ

 

おでこにキスしやがった

 

なんて奴だ

 

そんなんで騙されてたまるか

 

....。

 

 

まぁいっか

 

音楽大好きで

 

ギター馬鹿なこの人の姿も

 

嫌いじゃないし

 

今日ぐらい大目に見てやる

 

 

 

 

 

 

なんか、おでこ熱いなぁ...

 

心なしか顔も熱い


隣の芝生は...

 

理想の愛てなんだろう?

 

理想の愛の形ってあるのかな?

 

理想の恋人ってどんなもの?

 

そもそも

 

理想の『理想』ってなんだろうね

 

人それぞれなんだろうけど

 

やっぱりどこかで基準なんてものを求めてしまう

 

私達は私達なりの恋愛ってものをすればいい

 

そんなの分かってる

 

でも

 

たまに人と比べてしまう

 

あの人達はもっと...

 

だとか

 

あの子達はきっと...

 

なんてさ

 

なんでだろう??

 

隣の芝生は青く見える

 

そんな感じなのかな?

 

 

それとも

 

 

大切な人だからこそ

 

もっと知りたくなるし

 

もっと我侭に求めてしまってるのかな?

 

 

 

 

 

 


ふっと....

 

ただ、ふっと思っただけ

 

 ただ、ふっと思ったんだよ

 

 

 

ただ ただ ただ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ君に会いたい

 

 

 

そう

 

 

 

ふっと、そぅ思ったんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ふっと

 

 

 

ただ、ふっと思っただけ

 

 ただ、ふっと思っただけなのよ

 

 

 

ただ ただ ただ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『今すぐあなたに会いたい

 

 

 

そう

 

 

 

ふっと、そぅ思ったのよ

 

 

 

 

 

 

 


伝う 伝う 伝う

 

凄く驚いたんです

 

こんなにも違うものなのかと

 

あなたがいなくなって感じた

 

あなたの存在が記憶にしっかりと刻まれているのに

 

あなたは実体を持たない

 

それだけて

 

こんなにも景色が違うのかと

 

凄く

 

驚いたんです

 

同時に

 

今さらになって

 

何リットルもの涙が

 

何粒もの涙が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の頬を伝っていった



読者登録

カオルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について