twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 草原克芳
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

139 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 6ページ (Web閲覧)
20ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「ここは、アゲハの通り道になっているのよ。裏山に山椒があるし」
 亡くなった息子の飲み残したボトルを抱えて、田舎の年老いた母の元に、東京から一人の若い女性が尋ねてきた。そして、死んだ息子の面影を知る二人だけの儀式が始まる。
 かまびすしい蝉時雨の中に、夏の終わりの透明な悲しみが漂う。

  

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの...

趣味・生活・芸術

この本を開く

一般教養問題ブログから101問出題

ビジネス・教育・社会

400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方は...

ビジネス・教育・社会

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣...

コミック

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山...

趣味・生活・芸術

もっとみる