twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格240円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 岸塚康子
価格 240円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 104ページ (Web閲覧)
208ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
千鶴と冬美と彩香の三人は、語り合う内に彩香の叔父が同時多発テロで亡くなった話を聞く。徐々に千鶴も、経済を語っていた。彩香は歴史を通じて冬美は心理学、そして千鶴は法律の知識と父親譲りの哲学で現代を斬っていくのであった。
 千鶴は、それまで自分が書くことで、父と竹山が不仲になってはと悩んでいたが、徐々にその事から吹っ切れて、使命感さえ感じるようになっていった。それにつれ彩香も叔父の死のトラウマから徐々に解放されていく。しかし一方で、恋人であった同学部の細川要一とは不仲になっていく。そんな時、千鶴は父に、法学の道を断念すると告げると父は、自分がまいた種でもあることから致し方なしとする。小説は出来上がった。そんなある日、竹山を待っている欣也と千鶴に、竹山の妻が危篤だという思わぬ悲報がもたらされるのであった。

コメント一覧

やっぱり大泉総理って、あの人の事でしたか。 あの人は人気他界ですけどね。確かに最初にした事は写真集の発売でしたね。いいところに目を付けたと思いますね
sakuradasakurada : 2011-06-25 22:07:23

facebook コメント一覧