twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 hirotakashina
価格 無料
タグ ダンスショートショートサバイバル山中生活リセット非現実的生活者生徒会誌ぼくが今ここにいる意味いつもそこには新しいサービスのご紹介
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

42 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
5ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
11月27日公開。「非現実的生活者」という話とリンクしています。後に「ぼくが今ここにいる意味」「新しいサービスのご紹介」とも。それぞれに独立した話ですがそこには緩やかなリンクがあります。

Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想を寄せてくれた方と一緒につくったSudden Fictionの数々。どんどんご紹介します。いずれも短いお話ばかり。気軽にお楽しみください。

コメント一覧

mina5east さま。最初の「非現実的生活者」を書き始めた時は、自分が全く共感できない人間を書こうとしたんですが、今となっては最も思い入れのある作中人物のひとりです。
hirotakashina : 2011-11-27 13:01:46

……人間って、ここまで懲りないときっとわからないことってあるのかもしれませんネ。私も病気になってはじめて(頭ではわかっていたつもりのことを)思い知ったことってたくさんありました。そう考えると、訪れた苦難は幸いかもしれませんネ。この主人公にとってのダンスの輝くような魅力に気づけたように…。この事がリンクしている他の作品と緩やかに響き合うンですネ。「生きていく」ことって、素敵だ!!
mina5east : 2011-11-27 11:45:53

facebook コメント一覧