閉じる


<<最初から読む

2 / 18ページ

シャイロック登場と堀木とユキコの再会

「私の名前はシャイロックだ。ヴェニスの商人のシャイロックは私の先祖がモデルとなっているのだよ。だから人は私のことを現代のシャイロック、シャイロック2.0と呼んでいるんだ」

 ベンチャーキャピタリストはそう自己紹介すると、さっそく仕事の話を切り出した。


「なあ、君、君のそのプランは他社がやらないうちに早くやるべきだよ。君のような才能は株式公開で早く世にでないと社会的損失とさえ言えると私は考えるね」


 シャイロック2.0は言葉巧みに青年を誘惑した。

 しかし青年は実は心の奥底では、自分のこのプランは単なる思いつきに過ぎないありふれたアイディアであることは知っていた。

 自分が世に出たいと思っている本当の理由も、自分の才能を開花させて世の中に何がしかの貢献をしたいという真の企業家精神なのではなく、物心ついたときにはいつも資金繰りに追われていて、落ち着きのない雰囲気がいつも漂う、酒を飲むと説教を始めるあのオヤジが仕切っている生家の町工場から一刻も早く名実ともに逃れたいという一心だった。

 そのことを、自分自身でも普段は意識しないように心の奥にふたをしておいたのだった。

 だから、このシャイロック2.0なるベンチャーキャピタリストが自分のことをそこまで評価するのはどこかおかしい、とは理性が度々告げていたのですが、人生のこの時期の青年によくあるように、青年はそれは自分の単なる自信のなさだと自分自身を都合よく言いくるめていたのだった。


「しかしシャイロック2.0さん。この事業を行うには少なくともスタートアップ時に5億円の資金が必要です。そんなお金は僕には・・・」

 シャイロックは気にするなといった様子で笑いかけた。

「もちろん、社会的な地位も何も無い君がいきなりそんなお金を用意できるとは思っていないよ。君のお父さんの所有する工場の担保価値もたかが知れてるしな。君の下には手のかかる育ち盛りの男の子が4人もいるし。まあ貧乏人の子沢山の町工場の親父に5億は無理だろ」

「え?うちの家族構成や父親の会社のことを調べたんですか?」

 青年はシャイロック2.0に驚いて叫んだ。

「まあ、ね・・・。私の息のかかった者が場末の町工場の取引情報を銀行から引き出すことなど、たかだか半日もあれば・・・」

 青年の耳に、自分がなんだか大きなとてつもない歯車のなかに巻き込まれていく音が少しだけ聞こえた。



「まあ私も資金調達のお手伝いが仕事だ。ただでという訳にはいかないさ。しかし銀行のようにうるさくあれこれ担保を調べたり、保証人を探せと行ったりなどはしない。そういうやり方をせずに、私は君の共同出資者となって、あんたが調達したい資金を一文の利子も付けずに、将来を共有するパートナー用立てようじゃないか」

 将来を共有するパートナー。

 堀木はこの言葉にたまらない魅力を感じた。


「具体的にはぼくはどうすればいいんですか?」

「うむ・・・」



「明日にでも投資銀行のところへ行って、新株予約権付き転換社債を発行することにしてくれればいい。それには念のためだが、契約書に記された通りの日時に株式が上場できそうもないと分かった場合には、その違約金の代わりとしてあんたの会社の資産をきっかり5億円分と、さらに手数料として2億円分、自分の会社の資産から好きなところから切り取って良いという修正条項をオプションとして加えていただきたい。もちろんこれは最終的にうまく行かなかった場合の話だよ。私だって共同出資者なんだから損はしたくない。全力を持って成功させるつもりだから、これはあまり気にしなくて良いかもしれないな」

「分かりました。それで5億円の資金が調達できるのですね」

「まあ、いちおうはそういうことになるな」

 堀木は興奮を隠せない様子だった。



 そこに特ダネをいち早くモノにしようと、会場の隅から二人の密談場所までやってきて、密かにこのやりとりを立ち聞きしていた一人の女性業界記者が驚きの声を挙げた。



「あ!あなたもしかして堀木くん!?」

「え?」

「ほら、中学校で一緒だった・・・」

「あ!ユキコちゃん・・・?!」


「ほう。君はあの時成田空港でわしに話しかけた業界記者だな。二人は知り合いなのか・・・」


 シャイロック2.0は不気味にふふふと機嫌よく笑った。

「かわってないね。卒業写真のまんまだ」

 堀木はシャイロック2.0の不気味な笑い声も耳に入らず、かつて恋心を抱いていた幼なじみのユキコと思いがけず再会して懐かしそうに微笑んだ。


2
最終更新日 : 2012-01-05 05:14:34

シャイロックの誘惑

「堀木くん、ベンチャー企業の社長さんになったんだね」

 ユキコは10年以上前の中学校の教室での堀木を思い出しながら言った。

「ああ、ベンチャーいうても資金も何もあらへんし、大嫌いなおやじの工場の事務所の一室借りてるだけだけどな」

 堀木は卑下しながらも、代表取締役の肩抱きの入った名刺を自慢気にユキコに渡した。

「ソーシャルスマッシュ 代表取締役 堀木雄一郎   か。インターネットの会社だね」

「せや。ユキコちゃんのこれは、新聞社系のベンチャービジネスの雑誌だね。」

「うん。ただのライターだよ。その会社の社員じゃなくて契約社員なんだ」

「そっか。じゃあ、俺がビッグになったら取材して記事書いてよな」

「・・・うん。」

 ユキコは曖昧に笑った。

「でもほんと驚いたわあ。堀木くんが急におらんようになってしもてみんな心配してたんよぉ。それにしても急な転校やったな~。夏休みあけたらもう家庭の事情で学校移らはったって、せんせに聞いた時はほんまびっくりしたわ。」

「ああ。恥の一言なんやけどな、おやじが債務保証した会社が倒産して夜逃げしてしもてん。そんで連帯保証人のおやじのとこ、まあ、つまり自宅兼会社のうちんとこに強面の借金とりのおっさんらが毎日押しかけてきよってな、俺もふくめて子供たちの身の安全が心配という段階になってしもうて、親戚の家頼って疎開しとったってわけや」

「そっか。辛いことたくさんあったんだよね」

「ああ、まあな。どや、おれやっぱ変わったか?」



 ユキコは何か言おうとしてその言葉を飲み込んだ。



「いや、ううん。全然変わってへんよ。」

「ほんまか、そらうれしいわ。ユキコちゃんだって全然変わってへんで」

 堀木は少し嘘をついていた。

 大人の女性となっていたユキコに内心たじろいでいたのだった。

「ほんまにぃ?こんな仕事してるし、ずいぶんがさつになったんちゃうかなあなんて気にしててんで、ひそかに」

「うん、まあ、がさつなとこはかえってかわってへん、というか」

「ああ!言ったな~」

 ユキコは堀木をこぶしで叩く真似をした。



「もしオレが変わったとすれば人生観かな」

 堀木が大げさにユキコのパンチを避けるまねをしながら言った。

「どんな風に?」

「カネさ。金で買えないものはない。」

 堀木は事もなげに言い捨てた。

 ゆきこはその真意を測りかねて堀木の表情を伺ったが、何も見えては来なかった。



「お取り込み中わるいんやけど」

「へ?シャイロック2.0さん、大阪弁しゃべらはるんですか」

 堀木とユキコが同時にシャイロック2.0を見て口をぽかんと開けた。


「あ!いや、見よう見まねでいま覚えただけですよ。コホン。ところで、君のお父さんがご友人の災難から会社を一時休業状態にしてその時に完成させたあの特許はスゴイですねー」

 シャイロック2.0は急にデーブ・スペクターのような流暢にわざとらしい日本語を使い始めた。



「特許のことまで調べてるんですか」

「ええ。あの特許なんですが、お父さんの会社から君の会社に譲渡してもらったらどうかね」

「何を言うんですか?あれは機械部品の金型を作るときの特許で、確かにあの技術は人工衛星を打ち上げるときにも使えるとかで、特許自体はすごい価値があるらしいですけど、インターネットビジネスには何の関係もないし、それにオヤジが商売がヘタだから宝の持ち腐れで今なんの金も生んでないんですよ」

「そうらしいね。世界的な特許にもかかわらず町工場に眠っている特許。錬金術のカネの匂いがプンプンするねえ」

「シャイロック2.0さん、なにかよくないこと企んでませんか」

 ユキコが横から口を挟んだ。

「おや、幼なじみの元彼女はいつからコンサルタント契約をしたのですか」

「コンサルタント契約なんてしてません、それに、彼女だなんてそんな事実は一度もありません!」

 堀木は完全否定されてがっかりしたが、直ちに気を取りなおして代表取締役の威厳を持ってこう訊ねた。

「詳しくお話を聞きましょうか。シャイロック2.0さん」

「ええ。ではここではなんですから私のオフィスに」

「はい」

「元カノのコンサルタントさんも良かったらぜひ」

「元カノじゃない!」



 ユキコはそう言いながらも行く気まんまんで大きく頷いたのだった。

3
最終更新日 : 2012-01-05 05:15:39

スイートルームでの商談

「へえ、これはまたすごいところがオフィスなんですね」

 堀木とユキコ、そして関西弁をしゃべる怪しいデーブ・スペクターシャイロック2.0の三人は、地下鉄銀座線虎ノ門駅の地上出口を抜けると、虎の門病院を左手に見つつ、たわいもない世間話をしながら徒歩で移動し、ホテルオークラの最上階のスイートルームにおさまった。

「うむ。日本では短期間集中して仕事をするからね、来日の時だけここのホテルのスイートルームが私のオフィスになるのです」

 堀木は部屋をきょろきょろ見回しながら勝手に冷蔵庫を開けようとしてユキコに睨まれたり、完全におのぼりさん状態であった。

「さてと、リラックスしていきましょう。堀木社長はパーティーの続きだと思ってその開けようとした冷蔵庫の中から好きなアルコールを出して飲んでください。棚にあるお酒も全部セルフでどうぞ。ええと、元カノのコンサルタントユキコサンはお飲み物は・・・」

 ユキコはだんだんシャイロック2.0の口ぶりにも慣れてきたので、ことさらモトカノを訂正することはなしにして話を合わせることにしていた。

「私はなにかソフトドリンクを」

「おやあ、それはそれは。じゃあ、わたしも最初はジンジャーエールで乾杯しましょう」

「ホラ!何やってんの堀木くん。お仕事の話し終わるまではお水で我慢しなさい!!!」

 堀木はユキコがまじで不機嫌になりかけているので、あわてて手にしていた缶ビールを冷蔵庫に戻した。



「あなたの会社の大事な話でしょうが。ベンチャーだか何だか知らないけどちゃんとしなさい!」

 ユキコはソファの隣に座った堀木のおしりをおもいっきりつねりあげた。

「はい!」

 シャイロック2.0はその様子を楽しそうに眺めているのであった。

「まず、先ほどのお話ですけど、親父の会社の特許を使うってどういうことですか?ぼくのインターネットビジネスに使い道ないと思いますけど。しいて言えば、ぼくのやりたいのは企業と企業の商談を成立させる支援サイトだから、特許を持っている地味だけど優秀な会社あります、みたいに親父の会社をクライアントにして月額5万円もらうとか、はあるかな」

 シャイロック2.0はビジネスの話になるとそれまでのへらへらした調子がすっと奥に引っ込んだ。

「堀木社長。あなたは非常な勘違いをされてます。そういった具体的で瑣末な実務的なことはあなたとあなたの会社の従業員がしっかりやればいいでしょう。私の仕事はあなたが調達したい5億円をスムーズに調達することそれだけですよ。」

「あ、はい。そうでしたね。すいません。でも、それでおやじの特許がいるのですか?」

「そう。はっきりいって君の会社にはまるで関係ない。しかし、私ならその特許を大々的に世界の知財市場に売り出すことができます。私が調査したところによるとその特許を餌にしたら5億などというカネはあっという間に集まります。君のソーシャルスマッシュという会社は、親父さんの会社の特許を管理している会社ということで、明日にでも法務局に行って定款を書き換えてもらいます。そしてその知財を管理している会社が副業としてインターネットビジネスも始めるというわけで、これも定款の付帯事項におまけとしてちょろっと書いておくことにします」

 堀木は自分の自慢のビジネスプランがおまけといわれて顔が真っ赤になった。

 横でユキコが心配そうな顔をして、堀木を眺める。

「おまけってどういうことでしょうか。ぼくは・・・」


「まあ、怒るのは無理も無いですな。しかし現実問題としてあなたの会社、あなたの信用、あなたのビジネスプランで5億円が集まると本気で思っているのですか?堀木社長?」

 シャイロック2.0はユダヤの金貸し本家本元シャイロックの子孫の面目躍如といった凄みのある表情で堀木に斬り込んできた。

「それは・・・」

 堀木は横にいるユキコの前で恥をかかされたこともあり、怒りと屈辱で拳を握りしめていた。

「そらごらんなさい。あなたもうすうす、いや明白に自分にそんな魅力はない、自分が単なる裸の王様どころかこれから王様ゲームにエントリーしようとしている、いわば張り子の王様にすぎないことをよく知っているはずだ」

 シャイロック2.0は立ち上がると三人分のブランデーを用意して首を振るユキコの前にも有無を言わさずそれを置いた。

「眠たいこと言っているガキに、おっとあなたのことですよ、私が5分間で資金調達の極意を教えてあげましょう。ただし、これは仲間にしか教えない。これを聞いたら完全にあなたも私の仲間だと私はみなすことにする。さあ、まずは仲間の印に軽く乾杯しましょう」

 堀木ととユキコはシャイロック2.0の催眠術にかかったように、動けなかった。

 やっと正気を取り戻しかけたユキコが、小さい声で「出ましょう」と堀木の袖を引いた。

 堀木ははっとしたようにユキコを一瞬見つめたが、すぐにシャイロック2.0に向き直ってこういったのだ。


「乾杯したらその秘訣を教えてくれるんですね。仲間として」

「そう、仲間として」

「ちょっと、堀木くん何言ってるの。帰るわよ」

ユキコは今度ははっきりと声に出して堀木の腕を掴んで立ち上がった。

「うるさい!」

 堀木は怖い表情をしてユキコの手を振り払った。


「教えてください。ぼく仲間になります」

「ほほう。見所があるね、君は」

「僕はどうしても今の現状から抜け出したいんです。今の自分は全部バイアウトしてまっさらの過去の何もない、あたらしい自分になりたいんだ!そのためだったらなんだってします!」

「ほほう。君は自分の人生と自分の過去をいわば私にM&Aで売却したいということだね。自分のあまり満足のいかない過去を、過去の記憶を、過去の思い出をすべて私にに売り払い、そのかわりに全く別の、あたらしい人生、新しい自分という存在、人格をも手に入れようというわけだ」

 シャイロック2.0は過去の思い出をというところで、いじわるくユキコと堀木を見比べた。

 もしかすると、シャイロック2.0は堀木がユキコに対して淡い恋心を抱いていたことをあの関西弁をしゃべった時にはとっくに見抜いていて、他ならぬそのユキコの前で、メフィストフェレスに魂を売却する自分自身の決意を語らせようとしたのかもしれない。

 ユキコはそう思ってそっとシャイロック2.0を見た。

 するとシャイロック2.0はその瞬間のユキコの心のなかを見透かしたように、紳士的ににこやかに大きく頷いたのだった。

 ユキコは恐ろしさでひざが震えそうになった。

「ねえ、堀木くん・・・」


「ユキコちゃん。気に入らないんならここでもう帰ってくれ。これは僕の問題なんだ」

「でも・・・」

「わっはっは。淡い恋心も黄金の前には無力だな。君はいいベンチャー企業を創り上げることができるかもしれないね」


 ユキコはみじめな気持ちでいっぱいになった。あきらかにこの話の展開はおかしい。そして自分は多分ダシに使われている。

 そのことに堀木は気がついてもくれない。


 変わってしまったんだね・・・堀木くん。

 ユキコは涙が浮かんでくるのを必死にこらえた。

「さよなら」

 そう言おうとして堀木の眼を再び見ると、堀木もまた涙をこらえていた。ごめん、これはどうしても必要なことなんだ。

 眼がそう言っていた。

 幼子のような、でも抜き差しならない何かがあった。少なくとも人を騙して自分だけお金持ちになろうとしている金の亡者の眼ではなかった。






「サヨナラ」

 ユキコが口にする前に堀木の口がそう動いた。

ユキコとの中学の思い出も何もかもまっさらにして、何かを必死につかもしているいる幼馴染のあの優しいの目がそこにあった。

中学の夏休み、夜逃げ同然で学校を去る時に、好きだったユキコにさよならを言うこともできずに、キセキのように再会してすぐにサヨナラを言わなければならない堀木の目はしかし、哀しく静かに堀木流ではあっても一人の男の目だった。





「私も乾杯させていだだきます」

 ユキコはグラスを手に取った。



 堀木は驚いてユキコを見つめた。

 シャイロック2.0は上べだけ驚いたふりをしながらも想定の範囲内のシナリオに満足して頷いた。

 そしてそんな二人を見てユキコはあらためて思った。




 堀木くんの眼は確かに私を必要としていた。

 だから・・・

 ううん。違うわ。

これできっと特ダネが取れる・・・。

 ユキコは自分の心に言い訳をしながら笑顔でグラスを差し出した。




4
最終更新日 : 2012-01-05 05:17:10

シャイロックの恐怖の投資哲学

「乾杯」

 シャイロック2.0はこの上なく上機嫌で杯をあげた。

「それでは、君たちに資金調達の極意を教えよう。我が祖先、シェイクスピアのヴェニスの商人のモデルにもなった本家本元シャイロックが一子相伝で伝えてきたものだ。私はくどいようだが仲間にしかそれを教えない。といっても怪しい仲間を想像してもらっては困るのだ。私の仲間にはホワイトハウスの財務担当者にもたくさんいるし、連邦準備制度理事会の今の理事長も前の理事長も長年の私の仲間だよ。」

 シャイロックは一気に話し始めた。

「これがどういうことか分かるかい。日本で言ったら金融監督庁、財務省、日本銀行の全てがこの私の仲間だということになる。つまり財政政策も金融政策も私の手の中にあるのだ。君がもし経済学を知っているのならケインズもフリードマンも私の意のままだということだね。世界の経済政策はすべて私のシナリオ通りに動かせるのだ。そんな仲間にいま新しい日本の若者が加わったのだ。もう一度祝杯をあげようではないか」

 堀木はこの演説を聞いて、有頂天になるかとおもいきや、青白い顔をしていた。どうやら自分の父親の特許を巻き込んで何か大事をしでかさないといけないことになる不安に加え、このデーブ・スペクターばりの「怪しい日本語検定」一級のユダヤ人の言っていることがどうやらハッタリではないらしいとうことがその雰囲気から嫌というほど分かったらしい。

 ユキコは・・・。

 今はもうこの流れには逆らえない。そう思った。
 堀木くんだけが頼りだ。
 しかし横目で見た堀木は蒼白な表情でただ頷いている。



「そして我々仲間の黄金のCanon、聖典はただひとつ!」

 シャイロック2.0はまるでアドルフ・ヒトラーのように、数十万の大群衆に語りかけるがごとくに堀木とユキコに語りかけた。

「それは全世界の将来の富の前払いだ」


「これこそが資金調達の極意なのだ。例えば、君の父上の所有している特許とは独占権であり、その権利はもちろん過去の偉業として保有しているだけはなく、当然未来へ渡って行使することができる。その行使するということは能動的行使と受動的行使がある。特許は積極的に行使すれば未来の富を現在に引きずり下ろすことができるのだ。未来の富、そう人工衛星がこれから輝かしい人類の歴史において1000発打ち上げられるとしよう。それにそれぞれ100億円の特許収入が見込めるとする。分かるな、10兆円だ。10兆円の富を生むことを投資家に納得させ、君の新しくなったソーシャルスマッシュという会社がその権利を独占できることをも投資家が納得すれば、彼らは安心して将来の富と同額までの出資を行うだろう。」




富を産め!
借金は将来清算しろ!

そうだ。

悪になれ!
愛を捨てろ!

現在の小さな悪は未来の大いなる善のためにある
現在の裏切りは将来の友愛の証拠金だ

善はいくらでも市場から買い取れ!
愛は丸ごとTOBで買収しつくせ!

そうだ金で買えないものなどないのだ!!!



「お考えは多分理解できました。では具体的にはどうするのですか」

 堀木はすっかりシャイロック2.0の配下になってしまったかのようだった。



「周辺特許というものを知っているね」

「はい」

 堀木は催眠術にかかったように頷いた。

「君のお父さんの特許は実際にそれを実用化しようとすると、敵対的企業がしかけた周辺部分の膨大な特許をクリアしないといけない。」

「わかります。たとえ完璧な精度の浄水器を作ったとしても、蛇口を捻って水を出す仕組みが特許でおさえられていたら浄水器は決して日の目を見ません」

「うむ。その通りだ。わしが見込んだだけのことはある。ここからが重要なところなのだが、実は私の米国での会社の一つにその周辺特許だけを調査、売買する会社があるのだ」

「といいますと・・・」

「地上げだよ」

「は?」

「その土地単体では何の役にも立たない猫の額の土地でも周辺の土地を買い占めてワンセットにすれば、超近代的なハイテクビルも建てられるようになる。この時には土地の富はその土地の合成分の数百倍か数千倍にもなることは分かるな」

「はい。日本でも土地バブルで地上げ屋がやっていたことですね」

「そう。私のその会社は全世界の特許の地上げ屋なのだ」

「それで・・・」

「そう。私は地上げ屋で君のお父さんの土地を売ってもらいに来たわけだよ」

「・・・」

 堀木とユキコはこの瞬間、シャイロック2.0のビジネスモデルとその本当の来日の狙いがやっと分かったのだった。


空と君の間!

埋め尽くせ!
人の信用という錯覚で!
錯覚はいつしか真実そのものの虚偽となる
錯覚は本物以上の真実となるのだ!
人の真実とかいうまやかしに騙されるのはもうやめろ

愛する人間をこれ以上傷つたままにするんじゃあない!
将来の富と現在の不幸の間を
誇り高き起業家精神をもって君が埋め尽くすのだ!

5
最終更新日 : 2012-01-07 19:54:21

変わらないものってなんだろう~ホテルの夕焼け

「ねえ、堀木くん」

堀木は放心状態でソファに座っていた。

シャイロック2.0はというと、忙しく国際電話をしている。

デーブスペクターのような怪しく流暢な日本語ではなく、抑揚は抑え気味だがリズミカルでテンポの恐ろしく早い英語だ。

ボストンあたりの社交界の気取った紳士淑女か、もしくはウォール街の経済ヤクザが使うようなその英語は、堀木にもユキコにも完全には聞き取ることができず、それが二人の不安をいっそうつのらせていった。

「ねえ、堀木くん」

ユキコはたまらずに、今度は堀木の膝に手をやって揺すってみた。

「ああ、ごめん、何だい」

堀木は努めて作り笑いで答えようとしたが、顔は緊張でこわばっていた。


「今の話なんだけど」

「うん」

「お父さんがいいって言うこと前提になっちゃってるけど大丈夫なの?」

シャイロック2.0の特許地上げ計画は話としてはあり得ると思ったけど、あくまでも世界に通用する特許を保有している堀木の父親がその特許を使ったビジネスモデル、シャイロック2.0の思惑にイエスと言わなければ絵に描いた餅にすぎない。

「心配あらへん。おやじはな、実は俺には一切頭上がらへんのや」

「何でなん?あたしそれ聞いてもええのん」

「ああ、身内の恥やけどな。事実なんだからかめへんで。」

「う…ん」



堀木は父親が友人の連帯保証人となって借金取りに追われ、そこから逃れるために猛烈に無理な仕事をし、その中で母親に八つ当たりしたり、飲み屋のホステスに騙されて金を家から持ち出したり、母親がそれを苦に自殺未遂したことなどを淡々と語った。

「弟たちの面倒見ながら、おかんのその後のケアしたりとかな、全部俺がしてん。親父は現実から目を背けるようにして特許の開発に没頭して行きよった。特許より大事なものがあるの分かっててな」


ユキコは静かに頷いた。そんなことがやっぱりあったんだね。
第一印象で本当はユキコは、堀木の変貌ぶりに驚いたのだった。

 あの天然の人懐っこさはそのままだったけど、万事に隙のない、こう言ってよければ人を基本的に信用しないことを信条としているような、世界との明確な距離感のある眼差しをしていた。


堀木はそんな目で転校してからの自分のことをユキコに話した。

空白の距離は埋まりもせず、かといって広がりもしなかったけど、さっき切羽詰まった目でサヨナラと言った時のあの懐かしい堀木は消えてなくなっていた。




 人は変わる。でも変わらないものってなんだろう・・・

 ユキコは寂しさをこらえながらそっとソファを立ち上がってホテルの窓から外を見た。






「堀木くんとあたし?まさか…ね」



ホントは久しぶりなんかじゃなかったんだよ

思い出してたんだ、堀木くんのこと

つらい時はいつも

アスファルトに咲く花のよう…に?

いつかきっと見つけてくれると思ってた…





「明日はくるかな」

「え?いまなんかいうたか?」

ソファに座った堀木が窓際に体を向けて話しかけてきた。

「ううん。なんでもない。この話うまく行くかな」

「絶対うまく行くで。いかせて見せる。そしたら俺…ユキコちゃんのために…」

「え?何か言った?」

「いや…。別に」


ホテルの窓から見える夕焼けは、子供の頃見た絵本の一頁のように圧倒的に赤かった。

絵本と違うのは、そこにいるのが夕焼けをいっぱい背中に浴びて晩ご飯に帰る子供ではなくて、西日を煩そうに片手で遮りながらせわしなく足早にビルの谷間を抜けて行くビジネスマンであることだった。

夕日は変わらない。

夕日が映す風景だけが変わってゆくのだ。



「明日はお天気めちゃええな」

堀木は何時の間にかユキコの真後ろに立って同じ目線で外を見ていた。

「明日はくるかな」

ユキコは今度は堀木に聞こえるようにはっきりそう言った。

堀木は何かを感じたようだった。

「あたり前やろ。俺にもユキコちゃんにも、あの頑張ってるビジネスマンにも、あの油断のならないシャイロックのヤローにもさ」

「シャイロックにも?」

「そうさ。へたすると俺たちは、あ、いや、ごめん、勝手に俺たちなんて。俺はあのおっさんのために地獄に落ちるかも知れん。とりあえずオヤジをはめなんとあかんようになるのは目に見えてきたしな。
でもまあ、朝になれば明日はくる。明けない夜はないで。」

堀木は電話中のシャイロック2.0の方を見た。

「シャイロックのヤローにもあいつの背負ったもんがあるんとちがうか?それもごっついのが。せやなかったら有り余る金で孫と世界一周旅行でもしてりゃええのに、こんな切った張ったの世界で気合いれてなんややっとる。あいつにはあいつのけじめつけなならん過去やら、せなあかん約束事があるはずや。俺にはなんとなくそんな気がすんねん。単なる金の亡者とは違う何かがな。」

油断のならないシャイロックにそんなこと…。

ユキコははそう思ったが、ふと気がつくと、堀木はあの人懐っこい中学生の時の堀木の表情に戻っていた。

「ユキコちゃんはまあ、こう言っちゃなんやけど、マスコミ人として、世間の良識ある人の顰蹙かいまくっとる、ITベンチャー企業とエンジェルだかハゲタカだかわからん投資家との狂乱の駆け引きを間近で見物して、そんでええ記事書いたらええんや。そんな風に不安で今にも泣きそうな顔なんかせんでもええやんか?」


優しいね。堀木くん…。

そっか。あたしそんな顔してたのか…。

でも、それは自分の心配じゃなんだよ。堀木くん。高みの見物みたいな他人事ムリだから…。

ずっとずっとあなたのことが…



「なんか無言でそんな女っぽい目で見つめられるとぞくっとくんなあ~」

ユキコは電話に夢中のシャイロックの後ろ姿を一瞬見たあと、堀木にそっとからだを寄せた。


赤かった夕日がまばゆいオレンジ色となって、遠くから長くビルの谷間を抜けてホテルの窓に差し込んできた。

堀木の胸に寄せた顔をそっと横に向けると、窓と反対側のスイートルームの壁には、堀木がユキコの肩をそっとだいている姿が長い夕日の影絵となって浮かんでいた。

それはユキコが長い間夢見ていた堀木に寄り添う自分の姿に他ならなかったけれど、でもとても淡くて儚なげだった。



シルエットの中の 堀木がためらうかようにそっと揺れたあと、ユキコをキツく抱きしめた。

重なった影はその時ほんの少しだけ濃くなったように見えた。






6
最終更新日 : 2012-01-05 05:19:33


読者登録

tweetyukkyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について