twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック 歴史・時代 , 恋愛 作者 糀谷キヤ子
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

163 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 31ページ (Web閲覧)
32ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
江戸吉原の恋文代筆屋「懸想屋里長」シリーズ。吉原の自治を担当する恐い集団「男衆」に何故かにらまれる里長。その幼なじみのお清は伝説の花魁の一人娘だった。恵まれた環境の中、花魁としてデビューする前に「里長」がある人物に代筆を頼まれるのだが…
今回は久々に31ページあります。2010年に出した本です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる