閉じる


おやこの朝

窓辺にさしこむひかり

手作りのサンドイッチ

お着替えと準備にも

 

ごろごろ だらだら

ぶらぶら ぐずぐず

 

時計の針はひびいてる

 

念仏をとなえた胸のなか

一瞬、わすれた きらきらのえがお


すねんぼさん

ぷうっと、ふくらんだほっぺた

ぷうっと、つきだしたくちびる

いっしょうけんめい、こわいめをつくる

 

いいたいこともいわず

ずうっと、すねている

 

ほうったらかして、ごはんをつくる

ほうったらかして、おせんたくをたたむ

 

しだいに、めには涙の海

しだいに、こころは淋しさの底に

 

かまってほしい、すねんぼさん

たしかめたいのは、あいされていること

求められていることだけの、実感


なきむし、さびしんぼさん

みんな人であるから
みんなこころであるから
みんなあたまであるから

 

みんなこころぼそい
みんな泣きたいのだ

 

ほんとは手をつなぎたくて
手をだせない、のばせない

 

みんなで手をつないでみたら
みんな、みいんな、笑顔になる



読者登録

清瀬ちこさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について