目次

閉じる


 なあ、酒くれよー。

 

 ちょっとひっかけりゃ、舌も動きやすくなるってもんじゃねえか。

 ……だめってか。

 ちっ。けちくさい連中だぜ。

 だからよお。俺にグダグダ訊くより、あのくそったれアマに訊けっつってんだろうが!

 ああ。女房だよ。

 あのアマのせいなんだからよお。

 

 酒くれよ。だめ?

 

 だいたい、あいつが人形ばかり集めるのが悪いんだって。

 おかしいんだって。キ○ガイじみてるぜ。普通じゃねえよ。

 集めりゃいいってもんじゃねえだろう。

 10コや20コじゃねえんだぜ。

 家の中、部屋中だぜ、部屋中!

 どの部屋に入っても、まわりすべて、人形だ。

 あいつは人形だったらなんでもいいんだ。

 どんな人形でも、目に付いたら手に入れて来やがる。

 ……あ? おう、あの日のことだろ。話してやらあ。

 聞けば、あいつのせいってわかるからよお。

 第一、あいつは今、どっかに消えちまってるんだぜ? そっちを探すのが筋ってもんじゃねえか。

 

 なあ、酒くれよ。

 

 俺はもともと、人形が大っ嫌いでよお。

 気味悪いじゃねえか。

 ぽかんとした目でこっちを見てやがる。

 あ? あの日のこと? わかってるって。

 とにかく、俺は人形が大嫌いだってことさ。

 おうよ。あの日も飲んでたさ。

 酔ってねえって。

 一升ぐらいで酔っぱらうような素人じゃねえよ。

 そのぐらい飲まねえと、しゃっきりしねえんだ。

 とにかくよお、帰ってきたらよお、相変わらず家の中は人形だらけでよ。

 それだけでも頭がおかしくなりそうなところへ持ってきてよ、ガキが寝てる部屋に入ったらよお、ふざけたことしてやがってな。

 ……おう。

 ガキがいるんだ。6ヶ月……だったかな。

 なんとなくできちまったガキでよ。

 まあいいやな。いつもガキを寝かせてる布団を見たらよ。

 驚いたぜ。

 ……なんつーんだ? キューピー……人形か?

 あれを布団に寝かせてやがんの。

 思ったね。

 この女、とうとうモノホンのキ印になりやがったってな。

 それ見てよ、俺も切れちまってよ。

 キューピーの足つかんでな。振り回してやったんでえ。

 そしたらよ、あいつが、なんかわけのわからないことをわめきながら、俺に殴りかかって来やがってよお。

 だから俺も殴り返してよ。近くにあった灰皿つかんでな。

 「せいとうぼーえい」っつーんだろ? いいんだろ? 殴り返してもよ。

 ま、何もなくても、あのアマをよく殴ってたっけか。

 

 ヒャハハハハハ。

 

 ん。一発食らわしてやったら、あいつは静かになったんでよ。

 転がってたキューピーの足をもっぺんつかんでな、壁に叩きつけてやったのよ。

 けっこう重いもんなんだな、キューピーってよ。

 があん、とか音立ててな。頭が砕けたぜ。

 ざまみろってもんだ。

 んで、ちっと気が治まってよ。あいつがどこにいるか見たらよ。

 ……いねえのよ。どこにも。

 おうよ。消えちまったのよ。

 その代わりにな、何があったと思う。

 キューピーのときよりも驚いたな。

 マネキンよ。

 おう。マネキン人形が寝っ転がってやがんのよ。

 何もよりによって、マネキンまで集めるかあ?

 な? これだけ見ても、あの女の方がおかしいって、わかるだろ。

 ……で、そのマネキン見てたら、またむかついてきてな。

 このくそったれマネキンもぶっ壊してやろうと思ってな。

 

 ヒャーッハッハッハッハッハ。

 

 ま、何もノコギリまで持ち出すこたあなかったか。

 手も足も、おう、もちろん頭もぶった切ってな。

 それから……胴体の中の「詰め物」もぶちまけてやったぜ。

 すっとした。

 ……あ? マネキンに「詰め物」があるか、だと?

 ああ。そういや、そうだな。

 そんなのもあるんじゃねえのか?

 ……これで話は全部終わりよ。

 マネキンをぶっ壊したところで、あんたらが入ってきてよ。

 俺をここに放り込んだんじゃねえか。 わかっただろ。

 俺に説明させてる場合じゃねえって。

 あのアマを見つければ、万事オーケーなんだって。

 あの人形キ○ガイのアマが、みいんな悪いんだって。

 俺は何もしてねえって、わかんねえのかよ!

 

 だからよお。酒くれよ。酒え!


この本の内容は以上です。


読者登録

GIMAさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について