目次

閉じる


 外に出るのにもたついてしまった。

 あたりを見回すと、見覚えのある場所だった。あの人の家の近くにある公園だ。

 まん丸なお月様が出ている。

 出かけるのがすっかり遅くなってしまったが、早くあの人に逢いに行こう。約束していないのにいきなり逢いに行ったら、あの人は怒るだろうか。

 というか、昔からあの人は怒りっぽかったな。最後に逢ったときも、いろいろひどいことを言われて、ぶたれたりした。

 それからこの公園に連れてこられて……それから、どうしたんだっけ?

 ゆっくりと歩き出す。

 なんだか身体がだるい。

 ずっと寝ていたせいだろうか。

 服のあちらこちらに、土が付いている。こんな格好で歩いていたら、おかしな女だと思われてしまう。今が夜でよかった。

 ああ。髪の毛にも土が付いてる。

 あたしは髪を指ですいた。

 すいた指の違和感に、あたしは自分の掌を見つめた。

 指に大量の髪の毛がまとわりついていた。

 顔がかゆい。

 ほっぺに手を当てる。ずぶずぶと、なんの抵抗もなく指がほっぺの中に潜り込んだ。

 びっくりして、あわてて指に付いた肉片を払ったら、指の肉も一緒にちぎれ落ちた。

 あたし、どうしたんだろう。

 そう言えば、どうしてあたし、公園にいたんだろう。

 あの人のアパートが見えてきた。

 2階にあるあの人の部屋への階段を、ゆっくりと上がる。

 ドアをノックする。

 ドアが開き、あの人が顔をのぞかせる。

 あたしの顔を見て、あの人が絶叫する。

 

「こんばんは」

 

 あたしは言った。


この本の内容は以上です。


読者登録

GIMAさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について