twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 sylaire
価格 無料
タグ 孤独幸福長編小説
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 221ページ (Web閲覧)
250ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
メロランスで会ってから、ほぼ1年ぶりにリサがドシアンに帰ってくる。翌春、自分探しの旅の手始めとして、祖母クリスチーヌがかつて住んでいた館に行き、そこの夫人に薄幸なクリスチーヌについて語る。さらに、祖父レオノールがクリスチーヌのために建て、リサとの黄金の日々を過ごすことになったレビエの湖畔の館、昔、母リディアが暮らし、自分たちも苦しい子供時代を過ごすこととなった第2の故郷ともいえるサビーノ村へと旅を続け、そこでリディアの古い恋人ミロンの母のところに行き、ミロンが現在メロランスにいることを知る。
追伸。
プロフィールで述べましたように本日(June 1 2019)より9月28日までの間無料とさせていただきます。必要な方は9月28日までにダウンロードしておいてください。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる