閉じる


時給900円、交通費500円

中指がカクカクと動くようになった。生まれて初めての経験である。
その症状をネットで検索すると腱鞘炎らしいことが分かった。軽く拳を握った状態から指を伸ばそうとすると付け根の部分で一度ひっかかった後、勢いよく弾かれたように動くことから「バネ指」と称するらしい。
エアードライバーを使いはじめて約2週間が過ぎた頃からの現象だ。

私が大阪府茨木市にある東芝家電製造(太田東芝町)に派遣されて家庭用冷蔵庫を生産しているライン作業に従事したのが2006年5月29日だった。

5月の連休明けに、大手人材派遣会社クリスタル(2006年11月グッド・ウィルが買収)のグループ企業クリスタルサービス(※1その後ラディアホールディングス・プレミア株式会社に変更後2009年11月に特別精算)茨木サテライトに登録してから半月後に紹介された定番(派遣先の営業日に従事すること)の仕事だ。


時給は900円で交通費は1日500円。始業時間は朝8時。始業時刻にラジオ体操の音楽が工場内に流された後、朝礼があり実際にラインが動くのは8時10分頃からだ。朝10時と午後3時にそれぞれ10分間の休憩があり、昼休みは12時10分から午後1時までの50分間だ。定時の終業は午後4時45分で実働7時間45分になる。残業の場合は、定時終業後10分間の休憩を挟んで行われる。

当時の従業員は約800人で人材派遣会社が東芝からライン作業を請け負い、大型冷蔵庫を生産していた。冷蔵庫の組み立てを行うのはA・B・Cの3ライン。

私が配属されたのは同じくクリスタルグループの中核をなす大手派遣会社コラボレート(※1)とその子会社・シースタイル(※1)が受け持つA・Bのライン中のAラインだった。

Cラインを請け負っていたのは同じく大手派遣会社の高木工業だ。各ラインに40~50人の作業員が配置されていた。そのほかの派遣会社としてはフルキャスト、フジワークスなどだ。

クリスタルは、コラボレートの不足人員を補う形で人員を補充していた。私が東芝の仕事を紹介された時、1週間ぐらいの仕事と聞いた。その際、解雇通知等の条件就業条件に関する説明はなかった。



「制服は、この中から適当に選んで」

同日に派遣されたのは私を含め3人、30代と50代の男性だ。3人とも1週間続いていた。その後、派遣された20代の男性は室温が40度を超える暑さの発砲スチロール製造作業に耐え兼ね、翌日には辞めたという。

初日は7時50分頃に到着したが他の一人が遅れたため午前8時30分頃まで待たされた。その後、勤務時間、仕事内容、制服の支給、食堂・売店など工場内施設の簡単な説明を受け、現場担当者に引き継がれて配属先が決められた。私は他の2人と別れ、製造ラインに連れて行かれた。

「制服はこの中から適当なものを選んでください」と言われ、洗濯はしてあるらしいが段ボール箱の中に投げ込まれていた、皺だらけのLサイズの半袖上着を1着と別の箱に入った帽子を選んだ。1着しか支給されないため1週間、同じ制服と帽子を着て作業した。洗濯は、毎週末に自宅に持ち帰って行った。ズボン、靴は自分の持ち物を使用。軍手は支給品で、洗ってあるものを各自が選んで使う。

工場内にはエアコンの冷風がダクトを通して供給されていた。各ラインごとにスポットエアコンが2~3人に対し1つの割合ぐらいで配置されているが、作業者全員分はない。当然、古参の作業者が優先的に使用するため新入りは一日中、汗をかきながら作業に当たることになる。

ラインに向かって立つと約20メートル後方に部品の搬入場所があった。頻繁にトラックが出入りしていてシャッターは上げられたままの状態だ。そのため、外気が進入してくる。工場内は、外に比べやや温度が低い程度の環境にあるものの、ライン作業者全員が汗だくであったことに変わりはない。

人材派遣会社クリスタルは、同じグループの人材派遣会社コラボレートからの要請で作業員を派遣していた。コラボレートが直接雇用している場合の賃金条件は時給1000円、交通費は別途、月1万円だ。

ライン作業で隣り合ったコラボレート所属の派遣社員Kさんの話で分かった。クリスタルからの派遣社員とコラボレートの派遣社員が行う仕事は同じだ。しかし、コラボレート所属の派遣社員に比べると私の賃金は時給で100円少ないことになる。

コラボレートは無料就職情報誌の大手・アイデム関西版等で募集していたらしいが就業条件が長期(3カ月以上)となっていたようなので、短期スポット(不定期での就労)を条件に探していた私にとっては対象外の仕事ではある。



駅から徒歩20分の道のり

自宅からの通勤手段は阪急京都線を利用した。自宅からの最寄駅「正雀」から同工場の最寄駅「総持寺」までの料金は180円(同区間の定期代1か月6670円※ここでの交通費はいずれも当時の料金)。「正雀」までは自宅から自転車で約10分。「総持寺」から工場までは早足で約20分。東芝行きバスは「総持寺」手前の「茨木市」駅から約10分間隔で運行していた。しかし、バスは片道200円のため派遣社員の利用者は少ない。電車を利用する工員の大半が「総持寺」から徒歩で通った。

私は、朝は徒歩、帰りはバスを利用しようと決めていたが半月を過ぎた頃から疲れが溜まり、朝・晩、バスを利用する機会が多くなった。

もし交通費の負担を気にせずに自宅から公共交通期間を最大限に利用すると、徒歩約5分のモノレール「摂津」駅を利用して「南茨木」駅まで行き、阪急京都線に乗り換えて「茨木市」駅で降り、バスで東芝の工場前で下車する経路となる。「摂津」~「総持寺」の乗車料金は390円(定期代1カ月1万4700円)。「摂津」~「茨木市」は390円(定期代1万3780円)。このルートの交通費は、片道590円、往復1180円になる。

クリスタルから支給される交通費は1日500円だから、上記の公共交通機関を最大限使うルートは採れない。節約のため総持寺駅から徒歩で通うルートを選択する機会が多かった。

500円の交通費で月20日出勤すると1万円となる。正雀から総持寺までの定期を購入すれば支給される交通費だけで充分まかなえる計算になる。が、同程度の距離を通う工員のほとんどは、その都度、切符を購入して電車通勤していた。

 

 

 




今日一日働いたら

というのは、長く続けられる仕事かどうかを数日働いた上で判断するからだ。そうなると定期の購入はどうしても後回しになる。私の場合、本業の様子をみながら働いてみて1週間で辞めるつもりでいた。けれども、本業の方はしばらく動きだしそうもなかった。クリスタルからの要望もあり作業を継続したが、毎日辞めることばかり考えていた。


「今日1日働いた後、派遣会社に辞めることを告げよう」。毎朝起きるたびに繰り返し思った。毎日、辞めることを考えていたら、定期券を購入する気はなくなる。
定期を購入すれば交通費の負担が軽減されるのは分かっていたが一括で6000円前後を支払うのが負担になるようなギリギリの生活状態にあったともいえる。

大半の登録者が給料の受取方法として日払いを選択しており、週に1回の割合で給料を事務所に取りにいっていた。日払いは、月・火・木・金の午後3時~7時までに事務所に受け取りにいくシステムになっていた。

日払いを選択しているのは主に学生、主婦、ダブルワーカーなど他に主体となる仕事を持っている人たちが多いようだ。空いている時間を使ってスポットの仕事をこなすため給料の受け取り方法として好都合なのは日払いなのだ。

だが、それ以外でも日払いを選択している派遣社員は多い。
派遣業者に登録して日払いを選択してしまうと、月払いに変更するのが難しくなる。受け取った現金は当座の生活費として使ってしまうからだ。その中から、例えば光熱費など毎月決まった支払いを捻出し、月払いに切り替えるための計画性を発揮していくことは容易くないと実感した。


突然の解雇通知

工場側が不要とみなした場合、仕事がなくなることがある。事実、働き始めて約3週間後の6月20日に突然、解雇を通知された。始業前にクリスタル登録の派遣社員が集められ、今日で東芝の仕事は終了だ、とクリスタル梅田サテライトに所属する社員から告げられた。

前日、クリスタル茨木サテライトに毎日、義務づけられている出勤(出発コール)と終業(終了コール)の電話連絡を入れた際、そうした話はなかった。

梅田サテライトの社員と面識のなかった私は、説明した当人がクリスタルの社員であることを確認した上で解雇の理由を尋ねた。詳しい説明はなかったが、コラボレートから依頼されていたクリスタルが一方的に契約を切られたのが原因らしかった。説明にあたったクリスタルの社員2人が困惑した顔で話した。後日、聞いたことだがクリスタル側に対する契約破棄の通知も当日だったらしい。

始業時間15分ほど前に告げられた話であることから、クリスタル所属の派遣社員はまだ出社していない者も数人いた。そのため、終業後にコラボレートの事務室内で再度説明する旨を告げられ、我々は仕事に取りかかった。

その日の作業終了後、顔見知りの茨木サテライトの担当者の説明によると、クリスタルに所属している派遣社員は本日付けで解雇されるという。クリスタルは他の仕事を斡旋するが、東芝での仕事継続希望者はクリスタル替わってコラボレートの出資会社で派遣会社の㈱シースタイル(現プレミアライン)と雇用契約を交わした上で、東芝での仕事を継続させるというものだった。

唐突な内容ながら熟慮の時間は与えられず、明日の終業時間後までに返事をするよう即断を迫られた。
結局、約20人いたクリスタル所属の派遣社員のうち東芝の仕事を継続したのは4~5人だった。それ以外はすべて東芝の仕事を辞めて、クリスタルが斡旋する他の仕事に就くことを選択した。当初から辞める気でいた私は、日払い制度がないシースタイルで仕事を続ける理由がなかった。

翌朝、辞めることをコラボレート所属のリーダーに報告すると、そうした事情について何も知らされていなかったため「唐突な話で困る」と言う。リーダーとはいえ我々と同じ派遣社員の立場にあることから、派遣会社内部の事情までは知らされていなかったらしい。

有能で好青年のリーダーはすぐコラボレートの事務所に行き、シースタイルにも給料の旬払い制度(1日3000円を上限に月末締め10日払いと10日締め20日払い。通常の支払いは、毎月20日締め翌月5日支払い)があることを教えてくれ、東芝での仕事継続を要請された。

私は、経済的理由からシースタイルと雇用契約を交わし東芝での仕事を継続した。労働条件通知書兼就業条件明示書に記載された雇用条件は、時給1000円、通勤手当1カ月5000円。契約期間は6月21日~6月30日まで。更新または期間延長の可能性(あり・なし)の部分については「あり」がマルで囲まれていた。




読者登録

カラタケさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について