twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 三輪たかし
価格 100円(税込)
タグ キャバリア物語ペット物語動物飼い主の気持ち二匹ズッコケ犬動物病院ほのぼの癒しのペット小説ブレンハイムトライカラーラブ日記三輪たかしキャバリア物語
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,866 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
40ページ (PDF)
試し読み:3ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
★PDFページ数(38P)★ 2017年8月22日ラブは天寿をまっとうしました。蓮はまだまだ。
 二匹の犬と共に暮らす竹内家一家の様子を描いた明るい物語。主人公・竹内豊がペットショップで出会ったキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの蓮とラブ。この二匹を一家はこの上なく大切に育て、愛します。
後から家族に加わった蓮は、最初のうちこそ何度も死にそうになって、動物病院のお世話になるズッコケ犬だが、家族の熱心な介護もあって、やがてはすくすく育ち、ラブとともに豊のストーカーになるほど元気いっぱいになった。
飼い主とペットという枠をこえた家族としての強固な絆を思わせるエピソードを、たくさん散りばめました。心からその二匹の存在を愛する豊のまなざしはどこまでも温かいです。ラブと蓮を中心とした穏やかな日常がつづられていて、全体的にほのぼのとした気持ちが込み上げてくる作品ですが、やがて訪れるであろう別れの悲しみは、命あるものの無常とはいえ、辛いものであることを切々と訴えています。
この作品そのものが豊にとってのラブと蓮であるかのような、癒しいっぱいの一作・・・・・・。

この本には試し読みが 3 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる