twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 200円(税込)
タグ 君の心の宝石箱を開いて泣けるそれでも君は心から愛せますかスカイツリーバツイチ隅田川花火大会スナックひまわり夏川りさ事故死復讐愛の告白婚約破棄
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,796 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 19ページ (Web閲覧)
66ページ (PDF)
試し読み:5ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 ★PDFページ数(81P)★ 
 竹内豊はスカイツリーのそばで、自転車ごと倒れた老婦人の世話をテキパキこなす女性に出会う。
 豊は、バツイチの柏木睦子を4年前に振った。そのため彼女は錦糸町のスナックを辞めて蒸発してしまった。豊はその後失意の日々が続いた。
 秋本美織が、2年前小林株式会社に入社してきたが、彼女と恋愛を育んでいき、隅田川の花火大会などに出かけたりした。
 ゼネコンの清水昭雄部長と銀座のスナック『ひまわり』で夏川りさと再会する。いつか自転車ごと倒れた老婦人の世話をしていた女性だった。ある日彼女はマイクを取って、愛の歌を歌うが、豊は心酔してしまう。それから親友となるが、豊は、秋本美織を裏切ってはいけないと思った。
 豊は秋本美織の心を惹くために一生懸命努力する。そんな時、吉岡司と秋本美織は深い間柄になっていることを堀北ひかるから聞く。
 豊はスナックの夏川りさの助言を得て、秋本美織に求婚したが、返事はノーであった。4年前振った柏木睦子は、実は秋本美織の異父姉であり、振られたことがきっかけで、事故で死亡したと聞かされた。秋本美織は復讐するために入社したのだった。
 ある日、スナック『ひまわり』に行くと、夏川りさが豊への愛を告白してきた。夏川りさは秋本美織との仲を取り持とうとしたが、ついに我慢できなくなったのだ。豊は驚いて告白を拒否。ところが、自宅までタクシーに同乗することに。その時に堀北ひかるから電話が入り、夏川りさは、豊に堀北ひかるという新恋人ができたと誤解する。豊は堀北ひかるから、夏川りさは子供ができない体で、過去に婚約を破棄されていることを知らされた……。

この本には試し読みが 5 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

液タブ導入によって退役状態になった板タブ。これの液タブ化改造におけるあれこれをコミカルに著してみまし...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

もっとみる