twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格390円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 三輪たかし
価格 390円(税込)
タグ うつ病福島県老人会スカイツリー確執葬儀
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,809 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
39ページ (PDF)
試し読み:3ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
⭐️コスモス文学賞入賞作品⭐️
朝、母が倒れたと義理の姉から電話が入った。豊は福島に向かった。押上の会社に寄り、郷里に。スカイツリーが屹立していた。郡山の駅から電話をかけると、母が亡くなったのを知った。母の回想をしながら、ついに豊は実家の玄関の前に立った。

 父と長男の確執がひどかった。母はある事件をきっかけにうつ病になり、兄が義理の姉の実家に行ってしまった。
豊は兄が家出した話を聞いた。父から福島に来てくれという。会社で少し仕事をし、押上駅に歩いた。スカイツリーは着々と伸びつつあった。実家に帰り母を激励した。家族で母のうつ病の原因やお金の問題でもめたが、母がうつ病を治すということで話はひとまず終わった。
会社で手紙を福島の家族に毎日書いた。電話もした。元旦の日、母は出て行った孫に逢えた嬉しさを電話してきた。四月にゴーデンウィークに帰郷できないかと兄貴が電話で言う。豊は忙しくていけなかった。母のうつ病は悪化し、そしてついに自らの命を絶ったのである。

 実家に帰ると葬儀の準備が始まっていた。そこで母が自殺したことを豊は初めて知った。妻を迎えに駅に行く。母の友人が同乗した時、母の老人会での活動を聞いた。駅で法子と息子を迎えて自殺の話をした。実家に戻ると母の遺体の前で法子は号泣した・・・・・・。

この本には試し読みが 3 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる