twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 三輪たかし
価格 200円(税込)
タグ 鬱病、パワハラ、スカイツリー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,831 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
60ページ (PDF)
試し読み:5ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません――吉岡常務のパワハラが重なり、鬱病になった六道優太。それでも優太が加藤えりという天使に支えられコンプライアンス委員会に訴え戦うと、何とか勝利できた。しかし、新たな自分の学歴詐称という落ち度に、優太は退職に追い込まれる。 加藤えりにも愛想を尽かされる。それでも最後には味方が現れ、重要なポストと加藤えりとの愛を復活させるという、優太の闘争の日々を描いた作品。

この本には試し読みが 5 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

液タブ導入によって退役状態になった板タブ。これの液タブ化改造におけるあれこれをコミカルに著してみまし...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

もっとみる