閉じる


試し読みできます

マザー・テレサとは?

 
 
 
 
 
マザー・テレサ(Mother Teresa、
本名はアルーマニア語でアグネサ
/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ
 (Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)、
 
アルバニア語で
アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ
 (Agnesë Gonxhe Bojaxhiu)、
 
 
カトリック教会の修道女にして
修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。
 
「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、
「テレサ」は修道名である。
 
カトリック教会の福者。
 
コルカタ(カルカッタ)で始まった
テレサの貧しい人々のための活動は、
後進の修道女たちによって全世界に広められている。
 
 
生前からその活動は高く評価され、
1973年のテンプルトン賞、
1979年のノーベル平和賞、
1980年のバーラ・ラトナ賞
(インドで国民に与えられる最高の賞)、
 
1983年にエリザベス2世から
優秀修道会賞など多くの賞を受けた。
 
1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている
(アメリカ名誉市民はわずか7人しかいない)。
 
2003年10月19日、
当時の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。
 
 
 
《引用》Wikipedia ⇒   http://p.tl/WCEO  
 

11
最終更新日 : 2013-12-27 05:14:13

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

電子書籍活用アドバイザーよっしーさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について