閉じる


試し読みできます

はじめに

 

 寒い冬だからこそ  いのちの あたたかさを感じ  

 

   しあわせが見えてくることもある・・・。

 
    
   はじめまして。  そよかぜ です。

 

ここ北海道は、冬の寒いことで知られていますが、

 

その中でも特に極寒な地域で私は暮らしています。
 

冷え込んだ時には、氷点下30度前後まで下がる事も珍しくなく、

同じ管内のとある町では、以前、オーロラが観察されたことも

ありました。

 

キラキラに冴えわたった一面の銀世界で、

ツルツルに凍った大地の上を

滑らないようにヨチヨチ歩きなんかしていると

まるで自分が北極か南極のペンギンになったような気分です。

 

冬は晴れの日がとても多く、その青空の美しさは

吸い込まれて往きそうなほど魅力的なのですが、

 

猛吹雪 吹き溜まり そして氷点下から抜け出せない日が

幾日も幾日も続いたりすると、

 

「もっと暖かなところで暮らしたい・・・」

 

そんな気持ちが少しだけ沸いてきたりもするのです。

 

 けれど、

 

風も無く 冷たく澄んだ美味しい空気の中で

音も無く あまりに静かな白銀の中 そっとたたずんでいると

それは 空気の凍っていく音でしょうか しんしんとした

まるで 雪の精 冬の精 の ささやき・・・が

聞こえてくるかのようです。

 

そんな瞬間に触れた時、

 

「ここで暮らしていて良かった・・・」

 

と、私は心の底から思えるのでした。

 

どこまでも白一色の 冬の広い大地の中で

小さな松ぼっくりのように

私はひとりポツンと埋もれるように暮らしています。

 

小鳥やキツネやウサギたちが

そんな私を訪ねて来てくれるのです。

 

私にとってそれは、かけがえのないお客さんです。

 

白銀に反射する 輝くような日差しのフラッシュの中で

そんな 一瞬一瞬 一日一日は 

私のこころに焼き付けられ

そして こころのアルバムに収められていく

かけがえのない 大切なスナップ写真のよう・・・。

 

それは 幾何学模様の白い冬の花びら

美しい雪の結晶たちに縁取られた

ひとひらひとひら ひとつぶひとつぶの

決して溶けたり消えたりすることのない

感謝と輝きに満ちた 

きらめく 氷細工たちです。
 
結晶ok.png

試し読みできます

足あと。その②

 昨日遊びに来ていたウサギちゃん。

 

その足あとを追うように、今朝、畑の上には点々と細く続く

別の生き物の足あとがありました。

キツネの足あとです。ウサギを狙ってその跡をずっとつけ歩いて

いるのでしょうか。

 

「ウサギちゃん、大丈夫かなぁ・・・」

この辺ではめずらしいウサギがせっかく来るようになったのに、

キツネがあんまり追い回したら、来なくなってしまう・・・。

 

以前からこのあたりで暮らしているキツネがいて、

すっかり顔なじみ的ではあるのですが、

ウサギを追いかけるのはやめてほしいなぁ・・・。

 

といっても、それが自然なのですから

仕方が無いことなのですが・・・。

 

いろいろ心配していましたが、夕暮れ前、小屋の裏手にキャベツの小さな塊りを

置きに行ったところ、またちゃんとウサギが来ていたので、ホッとしました。

 

ウサちゃん ポ^ン.png

 

「無事だったんだなぁ・・・」

昨日よりは幾分警戒心が薄らいだようで、こちらを見ては何度も立ち止まり、

幾度も幾度も振り返りながら跳ねていきました。

 

夕日に包まれながら帰っていくそんなウサギの姿を見ているうち、

あぁ、まだまだこの辺にも、ウサギが暮らせる自然が残っていたんだなぁ、という

安心感にも似た喜びを、私はウサギさんからおみやげに頂いていたのでした。

 

 

ところで、ウサギの足って、とっても早いんですよネっ。

 

昔、冬の河原へ遊びに行った時、堤防近くをウサギが跳ねていたのですが、

やがて車並みのスピードで、あっという間に堤防の上を駆け抜けて行ってしまったのを

見たことがあります。

 

ウサギさん.png

 

また、聞いた話ですが、近くのおじさんが軽トラックで冬道を走っていたところ、

突然ウサギが横に並んで走り出し、やがて先を越して行ったかと思うと、

車の前を左右にジグザグ走行して、煽られたそうですっ!

 

その後一気に距離をあけられ、道の先にある止まれの所で、ウサギさんは、

 

「オレの勝ちだな」

 

と言わんばかりに待っていたというのです。

その後、近くの林の中へ悠然と勝ち誇ったようにウサギさんは消えていった

との事ですが、ん~っ、いくら足自慢のウサギさんでも、そこまでやるか、

といった感じです。^^

 

雪の上では、ウサギの足の方が断然埋まりにくいので、

そう簡単にキツネも捕まえることは出来ないでのでしょう。

あまりウサギにえさを与えすぎても、却ってキツネにウサギの居場所を定められ

狙われやすくなるとも考えられます。

様子を見ながら、ほどほどな感じで付き合っていきたいと思います。

ウサギもキツネも、そしてみんなもわたしも

この冬を無事元気に暖かく越せますように・・・。

 

!cid_E10BFE3E5DF7420C86366E58549DE82D@sintarouPC 雪こんこんキツネ七色.png

 

 

 


試し読みできます

カラスのカルル君っ。 その②

家の裏手に立つ大きなエゾ松の木の上から、

いつも私とネコたちを見守ってくれている頼もしい仲間、

 

カラスのカルル君。

 

その松の木の中ほど辺りにある古い鳥の巣で

カルル君は兄弟と共に生まれ、そして育ちました。

 

お父さんお母さん、そして兄弟たちと一緒に、毎日毎日

カァーカァー ワイワイ言いながら、にぎやかにとても楽しそうに

過ごしていたのでした。

 

だんだんと大きくなり、カラス君たちは一羽二羽と巣から飛び立ち

自在にこの辺りを飛び回って遊んでいましたが、

一羽だけ巣立ちが出来ずいつまでも巣の中からワーワー鳴いては、

親鳥だけではなくカルル君たち兄弟にまで

エサを運んでもらっているのがいました。

 

ほかのみんなが飛びまわれるのに、その子ガラスだけがどうしてもそこから

飛び立てず、ヒャ~ッ、ヒャ~ッと奇妙な声で泣き叫んでは

カルル君たちを呼んでいるのでした。

 

もうこのままずっと飛べずに終ってしまうのでは、そう思うほど

巣立ちまでには期間がかかりました。

 

そして、ついに巣立ちの日、というより、巣から落ちて、

そのカルル君の弟?は、無事巣離れ出来たのでした。

 

しかし、それからがカルル君たち兄弟親子の大変な毎日の始まりでした。

 

うまく飛ぶことの出来ない弟カラス君に、カルル君やほかの兄弟、

お父さんカラスお母さんカラスが、エサを口元へ運んでやっては

与えていました。

 

飛び立った弟カラス君が屋根の上に転げ落ちれば

 みんなそこへ行ってそばから離れることもなくいつも一緒でした。

 

カラスが、あんなにも親子兄弟思いのある鳥だとは知りませんでした。

 

障害を持って生まれても、懸命に生きようとしているその姿、

そしてそれを必死になって守ろうとする家族の絆って、

人間だけでなくほかの生き物たちもみんな

同じなんですね・・・。

 

その後も弟カラス君はしっかりと飛ぶことが出来ずに、

家の屋根や壁、周りの建物にぶつかってひっくり返ったり、

夜中に突然カァーカァー鳴いて飛び回ったりと、異常な行動が続き、

目つきや素振りがだんだんおかしくなっていったのでした。

 

その弟カラス君をかばうように、カルル君も親ガラスたちも

いつもぴったり寄り添って決して見放すようなことは

すこしもありませんでした。

 
「かわいそうに・・・。いくら知恵達者のカラスさんといえども、

これではひとりで生きていくことは難しいだろうなぁ・・・」

 

私がそう思ったことはすぐに現実のものとなりました。

 

何度もその弟カラス君をハヤブサが襲いに来るようになったのです。

 

いくら私が石を投げつけても、カルル君たちが追い払っても、

ものすごい勢いで弟カラス君がハヤブサに追いかけ回される日々・・・。

 

秋の深まったある日、突然、カルル君たちが

大騒ぎを始めたので外へ出てみると、

またもやハヤブサがやって来て、弟カラス君に襲い掛かり

深手を負わせたのです。

 

そして、私やカルル君たちの攻撃を交わしながら、ハヤブサは、

畑の方へ逃げるように飛び立った弟カラス君を空中で捉えると

そのまま畑の中へ真っ逆さまに落下し、

青々と生い茂る甜菜畑の茂みの中へ

消えていったのでした。

 

あっという間の出来事でした。

 

収穫間近にせまった、よその畑の中に入っていくわけにもいかず、

カルル君も親ガラスたちも、畑の上を何度も何度も旋回し

グァー、グァーッと泣き叫びながら、弟カラス君を探し回っていました。

 

ハヤブサはそれっきり姿を見せません。 

 

カルル君は、弟カラスを守ろうとハヤブサと戦っていた時に、

どうやら翼を傷めたようです。

 

この時からカルル君は、羽根をバサバサさせるようになったのでした。

 

しかしこのままだと、次はカルル君やほかの者たちが襲われるかもしれない・・・。

そう判断したのか、カルル君たちは、弟カラス君への気持ちを断ち切るように

突き抜けるような甲高い声で鳴いたかと思うと、サッと空高く舞い上がり、

夕暮れ間近の霞む山の彼方へと静かに飛び去って行ったのでした。

 

それからしばらく経ったある日、カルル君たちがまた帰って来たのでした。

ハヤブサにやられてしまった弟君一羽以外、全員そろってのおかえりです。

 

そして、また家の周りの高い木々に揃って止まり、

収穫の終わった畑を見下ろしていたのでした。

 

カルル君は、それからしょっちゅう左の翼をばさばさバサバサと

伸ばしてみたりたたんでみたりしていますが、飛び回るのには

支障をきたすことはなさそうで安心しました。

 

 

やがて、すぐそこまで冬がやって来ている、そんな気配を感じたある日、

カルル君一羽を残すように、親ガラスたちはその年の冬を前に

どこかへ飛び去っていきました。

 

カルル君のやさしい鳴き声だけを此処に残して。

 

カルル君は、ずっとそれから育った元の古巣近くで住んでみたり、

別の木に新たな巣を作ったりして、この地で暮らしています。

 

もしかするとカルル君は、一人で暮らしているこんな私を見て

寂しかろう、とでも思っているのでしょうか。

 

時おり、私が一人道端で、沈んでいく夕日を見ていると、

決まって高い木のてっぺんから、

 

「 カルル・ア~、カルル・ア~ 」

 

と静かな声で歌うように鳴き始めるのでした。

 

・・ひょっとするとカルル君は、ハヤブサと戦ったあの日々を通して、

私を自分たちの家族の一員みたいに思ってくれているのかもしれませんね。

弟カラス君を決して見放なそうとしなかった、あの頃のように・・・。

 

翌年、カルル君に良いお相手が出来て、仲むつまじく

毎年子育てもがんばり、今に至っています。

 

そんなカルル君の飄々とした日々を、これから時々思いついたように

綴っていければと思います。

 

!cid_A4A07E095F294F54BE73A3396D0D4681@sintarouPC カラス君 夕日 大.png

 

 

 

 

 


試し読みできます

カルル君、そしてみんな・・・。その①

カラスのカルル君は、冬になると、ここからずっと離れた山の方から

毎日飛んでやって来ます。

 

そして、家の裏手に立つ大きな木のてっぺんで、

氷のように光りきらめく朝日を受けながら

じっと下界を見下ろしているのでした。

 

カルル君も、冬の間は食べるものが欠しいのでしょうね、

時々私の近くに降り立ってきては、何か欲しそうに

後ろを付いて歩くのでした。

 
スズメたちが餌台の上で、にぎやかにエサをついばんでいます。
庭に捨てた残飯を時々カルル君は食べに来ていましたが、

外に置いてある袋類を突いたり破いたりといった悪さは

決してしないのでした。

 

パンの耳をちぎって上げたところ、

サッといくつかくわえては、近くの土手にいるもう一羽のカラスに

持って行って上げていました。

 

カラス君のラブラブのお相手です。

 

お相手は人見知り?な性格のようで、カルル君は

せっせと彼女の元に餌を運んであげているのでした。

 

そんなアツアツの、ちょっとヤケるような場面を見せ付けられていた

ある日のこと。

 

突然、カルル君たちを追い回す、よそ者カラスが現れたのです。

 

「 ここはオレのナワバリだーっ! 」

 

と言わんばかりに、どこまでもしつこくカルル君を追い回す

よそ者カラスっ。

ダーリンを助けようと懸命に抗戦している彼女っ。

今度はその彼女を追うよそ者に、体当たりでぶつかっていくカルル君っ。

 

そのよそカラス者は、かなりのツワモノらしく、

一日中カルル君たちを追い散らし続け

とうとうカルル君たちは日の暮れないうちから

山の方へ飛び去っていったのでした。

 

後に残ったのは、よそ者カラス。

 

カルル君専用の止まり木の上で、まるで勝ち鬨を上げるように、

 

グァ~ッ、グァ~ッ

 

といつまでもしつこくダミ声で鳴いていたのでした。

 

うわ~、やだやだっ。

 

カルル君とはあまりに正反対な、見事なまでのワルっぷり。

 

悪党カラスをおもいっきり地で行っているような、

強烈なキャラクター性を放っています。

 

「あ~あ、あんなのに、ずっとこの辺に居座られて飛び回られるなんて

考えただけでもイヤだイヤだっ! どうにかならないかなぁ・・・」

 

その後、よそ者カラスが更におかしな奇声を上げているので見に行ったところ、

カルル君たちの思い出の古巣の中に入って暴れていました。

 

「コラーッ、それ壊したら承知しないぞーっ!」

 

下から石を投げてやっても、ちっとも届きません。

巣の上からこちらにお尻を向けてフンを

落としてきました。

 

もう許せないっ!明日ロケット花火でも買ってきて

アイツに飛ばしてやろうっ!

 

カルル君たち、もう戻って来ないのだろうか・・・。

 

夜、私は、布団に入ってもなかなか眠りに付くことが

出来ませんでした。 

 

 

その②につづく。

 

 

 

 


試し読みできます

猫のメダマ君とキツネ。

家の外で「メダマ君」という名前のネコを飼っています。

 

キョロっとした大きな目が特徴で、この名前をつけました。

 

他の猫たちと一緒にのんびり楽しく気ままに暮らしているのですが、

アカトラ系の毛色でふっくらしており、顔つきといい見た目の感じといい、

どこかキツネの子に似ているのです。

 

その為なのか以前、本物のキツネの子と一緒に

なんとエサまで仲良く食べていたのでした。

 

それは去年の夏の頃のお話です。

 

ある雨の降る日に、家の裏手にあるネコの住む小屋へエサを与えに行ったあと、

何気なくもう一度小屋を覗きに行ったところ、どこから入って来たのか、

いつの間にか小屋の中で、キツネの子がメダマ君と一緒に仲良く並んで

エサを食べているではありませんか。

 

他の猫は警戒してか、どこにも姿がありません。

 

相当おなかがすいていたのでしょう、キツネの子は

私に気づかず夢中になってエサをほおばっているのでした。

 

のん気でお人よしタイプのメダマ君だけは、

相手がキツネだろうと誰だろうと気にする風もなく、

一緒に顔をくっつけるようにして食べている姿に、

びっくりするよりも何だか可笑しくなって、

気づかれないようにしながら

そっと見ていたのでした。

 

そしてそのまま音を立てないように、そお~っと家に戻ると

カメラを持って小屋の中を覗いて見ましたが、

キツネの子の姿はもうありませんでした。

 

そして去年の暮れあたりから、若いキツネが

時々家の近くまでやって来るようになりました。

 

カラス君に何度もからかわれたり、粘着式のねずみとりを

くっ付けて行ったキツネ君です。

 

でもそれがあの子狐だったのかはわかりません。

 

その後、幾度かネコの小屋をそお~っと覗いているキツネの姿を

茶の間の窓から見かけたことがありました。

 

他の猫たちはその時警戒しているようでしたが、メダマ君だけは

外に出て行ってまるでキツネのように鼻先を伸ばし、

無言で何かを伝え合っているかのようにも見えました。

 

きっと同じ釜の飯を食べた者同士ですから(笑)、

おたがいの、その後の近況報告でも

仲良く話し合っていたのかもしれませんね。(笑)

 

 

 

!cid_140DC7865A824FF7981331D9E04CB5FC@sintarouPC ふゆぽか 白系.png

 


 

 

 

 

 

 

 

 



読者登録

そよかぜさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について