twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - カテゴリ:小説・ノンフィクション - 文芸

この本を開く

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵...

この本を開く

毎日がぞーん。私は、みどりのままめぐみ界にやってきてしまったのかもしれない。

この本を開く

人は過去を記号で認識し、あたかも、事実であるかのように思い込みます。そして、「記号の世界」を現実と思...

この本を開く

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵...
650円

試し読みを開く

生放送、それは楽しくも難しい。望まれもすれば、揶揄もされる。続く店、3話。

この本を開く

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵...

この本を開く

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵...

この本を開く

所要1時間、推敲なし。習作。
650円

試し読みを開く

男女4人だけがいて、店はない。しかし、店は現実を大胆に覆した。続く店、2話。

この本を開く

第201作~第220作までをまとめました。

この本を開く

神楽の夢想に魅せられ狂信的になってしまった男はファシズムツアーに参加する事になるが……。

この本を開く

年齢を重ねても外見が変わらない苦悩

この本を開く

花弁の中で眠る男。

この本を開く

使命なき男が迷い込む60秒の不条理空間。冷笑と不適合、妄執と未遂の小さな物語集。不条理/皮肉/諧謔/...
362円

試し読みを開く

 さて、今回の「芥川龍之介の世界」完全版という作品は、芥川龍之介の世界(それは「羅生門」「杜子春」「...

この本を開く

ゲーム娯楽を進化させてきた言語・記号の役割と感情言語から構築される小説の効用について述べます。
216円

試し読みを開く

 さて、今回は、芥川龍之介の有名な『トロッコ』という作品であり、それは、まだ八歳の主人公「良平」とい...

« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10