twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - カテゴリ:小説・ノンフィクション - 文芸

この本を開く

私は誰? 第七回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

風狂(第59号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

私は誰? 第六回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

私は誰? 第五回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

風狂(第58号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

私は誰? 第四回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

ぞーん

毎日がぞーん。私は、みどりのままめぐみ界にやってきてしまったのかもしれない。

Kevin Spring

この本を開く

小説の未来(21)

人は過去を記号で認識し、あたかも、事実であるかのように思い込みます。そして、「記号の世界」を現実と思い込みます。それは、記号が脳を支配しているのです。誰にでも起きる”不可解な悩み”はどこからやってくるのか?このことを考察するための方法の一つとして、小説について述べたいと思います。

サーファーヒカル

この本を開く

私は誰? 第三回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

試し読みを開く

続く店3

生放送、それは楽しくも難しい。望まれもすれば、揶揄もされる。続く店、3話。

続く店

この本を開く

私は誰? 第二回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

私は誰? 第一回

他人に愛されんとするがあまり、人を恐れ、人に合わせ、次第に自己を見失い、誇大妄想と被害妄想の狂気の淵に陥ってしまった男の、哀れな物語。

akagi-tsukasa

この本を開く

馬鹿みたい

所要1時間、推敲なし。習作。

sanukisoba

試し読みを開く

続く店2

男女4人だけがいて、店はない。しかし、店は現実を大胆に覆した。続く店、2話。

続く店

この本を開く

物狂いの石

物狂いの石

草原克芳

この本を開く

Puzzzle文集11

第201作~第220作までをまとめました。

puzzzle

この本を開く

ファシズムの神水

神楽の夢想に魅せられ狂信的になってしまった男はファシズムツアーに参加する事になるが……。

小林 由和

この本を開く

Story of Yunus, a Prophet of Allah (x)

預言者ユナスの冒険談

一床ひろし

この本を開く

『さきいかの恋』一応の完成ですかね。

10月の舞台、台本。

大沼孝次

この本を開く

若い罪

年齢を重ねても外見が変わらない苦悩

空野彼方
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10