twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - カテゴリ:コミック - ノンフィクション

試し読みを開く

ストロウイカグラフィティ

個人サークルストロウイカの、だいたい2000年代のオンオフ活動をふり返ります。サイトで発表したイラストや作品の紹介、描きおろし漫画とイラスト(lop:シロと少年、企画F:ヒロインちゃん)など、ストロウイカマニア必携!マニアでない方も買っていだだけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。コピー本「...

ストロウイカ

試し読みを開く

たびのごはん

「うちらさーここに来てから野菜喰ってないよね」かばんにお米と缶詰めつめこんで2泊3日の合宿にでかけた。しかし、迷い込んだのは食の迷路だった。旅を通して知る日常の食事、旅によって出会えた新しい食材。「旅」と「食事」の交わりを描く食エッセイ漫画。2018年11月のCOMITIA126にて「乱痴気事虫所」...

砂虫 隼

試し読みを開く

火を使う

「先生 ライターってどうやって使うんですかー?」生活の中に火があった。しかし、時代は変わった。燃える炎を目にすることは少なくなった。作者の火にまつわる思い出と火への想いを綴るテーマ・エッセイ漫画。2019年2月のCOMITIA127にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌。(本文25ページ)創作同人...

砂虫 隼

この本を開く

男、女は最も息がある本質的な装飾品だ(TokeiAAT)

男、女は最も息がある本質的な装飾品だ男はやはり(それとも)女、風格はすべてとても重要だです。人の風格を上がらせどんなのアクセサリがそのようにありますか?解答:腕時計ブランドの腕時計は特に、すべてのブランドがすべてその歴史があるためです。選ぶ1モデル最も適合する自分のブランドの腕時計便利さ見ます時間、...

caprirt

試し読みを開く

創作同人電子書籍のススメ 2018年後半インディーズ無料マンガの変

「これまでの電子書籍自主配信となにがどう違うのか」2018年7月にはじまったKindle「インディーズ無料マンガ」とはどんなものか。実際に作品を登録した本書作者がその実体験と概要を電子書籍ストア擬人化少女キャラたちとともに解説。 twitter不定期連載シリーズの2018年10月以降4編に書き下ろし...

なかせよしみ

試し読みを開く

こころに残る困った旅ではじまる探検

「甘い?いや…ちがう フルーティー…??あれ??もっと…こう…えっと 何だ?」思わぬ事故で幕開けとなった2度目の北海道旅行。そして訪れたニッカのウヰスキー蒸留所。そこは知らなかった世界の探検への入り口だった。「もぐもぐ」シリーズの砂虫隼が新たな世界と出会った旅行記漫画。2015年11月に「乱痴気事虫...

砂虫 隼

試し読みを開く

もぐもぐ旅

「行ってみないと本当にわからないもので、行ってみるとまた行きたくなる。」大阪、南紀白浜、北九州・小倉、江ノ島、北海道。旅先で出会った食べ物についてつづる旅食漫画。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリーズの電子書籍化第8弾。2018年8月に「乱痴気事虫所」より発行の自費出版誌。(本文48ページ)「創作...

砂虫 隼

この本を開く

がんばれZくん タラスギさんのスパイスアドバイスのまき

タラスギさんのスパイスアドバイスを聞こう!

ストロウイカ

この本を開く

デジ絵制作快適化計画番外編 Intuos3 Custam

液タブ導入によって退役状態になった板タブ。これの液タブ化改造におけるあれこれをコミカルに著してみました。

SATOTOMO

試し読みを開く

ねこと

「元気なのが一番エライんよ 長生きしてねー」毎日のことだけどほっとする飼い猫との大好きな時間。 しかし、日常はいつか変化する。2017年に作者が猫と出会い、猫とお別れをして、そして新たにお迎えした経緯を綴った飼い猫エッセイ漫画。2018年5月COMITIA124にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版...

砂虫 隼

この本を開く

地方コミティアの旅

「地方にいくなら旅をしよう」2015頃年に創作漫画同人即売会「コミティア」の地方開催への参加に伴う旅についてまとめた旅行記。「北海道COMITIAの旅」「みちのくCOMITIA1の旅」「新潟COMITIA44の旅」の3編を収録。地方イベントに遠征の際のご参考にどうぞ。(本文24ページ)

なかせよしみ

この本を開く

デジ絵制作快適化計画パート2 on MacBookAir

筆者初の液タブ導入記。サブPCのMacBookAirとの接続におけるあれこれをコミカルに著してみました。

SATOTOMO

この本を開く

デジ絵制作快適化計画 on PowerMacG4

筆者初の液タブ導入記。メインPCのPowerMacG4との接続におけるあれこれをコミカルに著してみました。

SATOTOMO

試し読みを開く

漫画家アシスタント一万円 6

クソ業界を記憶にある限り全てぶち撒ける。ちょっとやそっとじゃなく時間の有る限り体力の有る限り。https://markstt0a1sg.wixsite.com/anonymousボリュームは薄いがまるで本当に有った事のような頭のおかしいヤツの回想録各販売サイトの為にhp作ってありますhttps://...

ooishiyo

試し読みを開く

創作同人電子書籍のススメ  創作同人電子書籍の現状2018年初頭

「創作同人の電子書籍配信はこんな状況です」創作ジャンルの同人誌が出版社の出す本と同じ土俵に進出できる現在の電子書籍市場。その現況と電子書籍配信に関わるノウハウを電子書籍ストア擬人化少女キャラたちが解説。2017年11月よりtwitterにて不定期連載の情報漫画シリーズを5編収録。2017年12月のコ...

なかせよしみ

試し読みを開く

ずいぶんとおくにきたもんだ

「描くべきと思ったから描き始めていた」字が読めるようになる前の幼少から漫画と親しみ、絵を描きはじめた作者。手探りで歩んだ漫画描きの半生を振り返る自伝的エッセイ漫画。2018年2月のCOMITIA123に「乱痴気事虫所」より発行の自主出版本を電子化。「創作同人2018年3月」参加作品。(本文23ページ...

砂虫 隼

試し読みを開く

もぐもぐ季

「四季折々を経てここへやってきた食材たち …ありがとう」移り変わる気候とともに季節の食べ物を味わう。一年間の食卓を綴りながら駆け抜ける漫画歳時記。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリーズの電子書籍化第7弾。2017年8月に「乱痴気事虫所」より発行の自費出版誌。(本文48ページ)「創作同人2017年9...

砂虫 隼

試し読みを開く

竜の飼い方教えます04

「侏儒たちの御霊は強力です。それが暴走したら…」2年前の侏儒の移住を機に東都には集団性広域魔法陣が布陣された。術が解けた瞬間に起きる術的反動(バックマジック)を太一は恐れたが、折しも繰太の暴走に遭遇。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第4話。1997年から現在も「乱痴...

砂虫 隼

この本を開く

素人が漫画を描くためにマーケティングとか色々やる話(P:企画立案編)

「漫画を描いてみたいけど思うように描けない」「絵は描けると思ったけどネタが思い浮かばない」そんな理由で最初でつまづいている方はいませんか?そんなあなたに「漫画の常識って何だろう?」を提供。素人ながらに描き続けるためのヒントを提供するお話です。内容としてはネタ作りのためにマーケティング意識を持つことや...

しまこみ

試し読みを開く

きんぎょすくい

「いかん、暑すぎる… 金魚が煮えてまう」停めていた自転車のハンドルに金魚入りのビニール袋がぶらさげられていた。それが金魚を飼い、金魚たちと向き合う生活のはじまりだった。金魚の飼育を通して自然に対する人間の責任を考える漫画エッセイ。2017年5月COMITIA120にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出...

砂虫 隼
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9