twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

人生とは 3章

21巻から30巻をまとめたもの。"小鳥"と"葵"の夫婦生活。人生に翻弄され、描いた未来図と掛け離れて行く実情。

この本を開く

人生とは 35巻

"ロン"に惹かれて交流を深める"小鳥"に、新たな男との出会いが訪れる。ひっそりと酒を酌み交わす六畳の茶の間。そこで語られたやくざ者の話。"小鳥"が思い感じた事は。

この本を開く

人生とは 34巻

頻繁に黒井家に出入りする様になった"ロン"。"葵"を妹の様だとかわいがり、"葵"も陽気な絡みを見せる中、"小鳥"も"ロン"に惹かれて行く。

この本を開く

人生とは 33巻

パチンコ店の店員として、"葵"と二人、ようやくこの生活が上向きに向かいつつある手応えを掴んだ"小鳥"。そんな時、妻である"葵"がかつて引き合わせた"ロン"という男と再会する事になる。そこで知る"ロン"...

この本を開く

人生とは 32巻

生死の境から遠い所では、生たる上でのアレコレに不満を抱いて愚を晒す。そして、そこに近い時、何よりも生を望んで取り乱す。つくづく弱い"小鳥"の生き様。

この本を開く

人生とは 31巻

金の無い暮らしが"小鳥"を変えてしまう。足りなかったのは忍耐か実力か理性か、"葵"を苦しめ悲しませる無様。

この本を開く

人生とは 30巻

世間知らずの具の骨頂。愛する二人の問題では済まされない結婚を、そうと知らずにしてしまった"小鳥"の後悔。

この本を開く

人生とは 29巻

"葵"が不調を訴えて入院する事に。"小鳥"は、自分を見失っていた事に気付き、"葵"への気持ちを取り戻す。生きている事が当然でない事に実感を持つ出来事。

この本を開く

人生とは 28巻

金が欲しくて、"葵"を幸せにしたいから。そんな思いがどこかでねじれた"小鳥"。守るべき"葵"を標的にして憂さ晴らしする変貌。糞な男になって行く。

この本を開く

人生とは 27巻

心の隙間に入り込む誘惑と格闘する"小鳥"。欲しいものはすり抜けて、違う何かを掴み込む。そんな暮らしが続いている。
« 前のページ 1 2 3 4 5
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。