twitterアカウントでログイン

お気に入りの本

この本を開く

世界の端っこで

憶病な男女の拙い恋物語です。幾つになっても恋をしていたい方へ。

この本を開く

花葬の影

周囲に無関心な男の子が仕事を通じて、少しだけ心を開いてみる物語です。短編です。

この本を開く

糸くず。

遅刻しそうになってあわてて飛び乗った電車には一緒の職場の女の子が。声をかけてみたけれど様子のおかしい彼女の襟足には緑色の糸くずがついていて……ホラーショートショート。若干グロテスクな表現があります。2...
« 前のページ 1 次のページ »