twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

雅な自然

共に生きる目の前を過ぎゆく自然の姿を写真に収めてみました。 575を多く取り入れていますが、俳句の季語を一つという世界にこだわらず思いつくままに詠ませてもらっています。学びの少なさゆえの未熟さお許しく...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。