twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

KIS§ICK - Death -

-Death-<序>背後につねにゆらめく影。どこにいても追いかけてくる、逃げ切ることのできない死。小さなひとつひとつの物語は、死の側面を多面体のように映すだろう。その奥にある”死”の実像が見えた時、あ...

この本を開く

午前五時ノ夢

時々訪れる奇妙な夢、目が覚めると時計は午後五時過ぎを指していた――妙な気持ちを抱きつつも、その夢に楽しみさえ感じはじめた僕。しかしその夢には恐ろしい理由が潜んでいた。軽く読めるスリラー、短編です。

この本を開く

墓拓の人

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、“墓拓の人”逮捕。深夜に墓地に侵入し、墓石に墨を付け、その拓本を採っていたのである。不法侵入と迷惑防...

この本を開く

聖髪降霊の儀

戦で亡くなった者と、ひとときだけ再会ができる秘術、―― 聖髪降霊の儀。それぞれの想いを胸に、人々は町外れの教会に足を運ぶ。1話は約原稿用紙1枚半とプチサイズの掌編連作。気軽に読んでいただける作品です。

この本を開く

KIS§ICK ‐‐ It's a marvelous day

―― 元気になれる物語があります。悲しいお話。苦しいお話。辛いお話。そんなお話も時にいいでしょう。けれど時には、気持ちが晴れるような、明るいお話はいかがでしょうか。この本には明るい、感動的な、元気にな...

この本を開く

KIS§ICK ‐‐ It's a beautiful day

―― 元気になれる物語があります。悲しいお話。苦しいお話。辛いお話。そんなお話も時にいいでしょう。けれど時には、気持ちが晴れるような、明るいお話はいかがでしょうか。この本には明るい、感動的な、元気にな...

この本を開く

Poor Head English Vol.4

よっ、待たせたな。 しろあです。 英語の学習は順調に進んでいるでしょうか?ここでお話しているPoor Head English の学習方法では、いまいち英語上達の実感がわかりにくいのが特徴です。 その...

この本を開く

Poor Head English Vol.3

英語ができたらいいなぁ。もしも心の中でそんな憧れがあるのなら、できるようになればいいんじゃないの?!でも勉強する時間もないし、そもそも勉強嫌いだし。大丈夫! そんなあなたでも、必ず英語ができるようにな...

この本を開く

Poor Head English Vol.2

けっこうみんな、英語ができるようになりたいんだよね。しろあです。だから英会話教室がビジネスになるんでしょうけれど。私も英語力が上がれば翻訳の仕事をしたい、自分の小説を英語で書きたい!という壮大な夢があ...

この本を開く

Poor Head English

どうして日本人はこんなに英語が苦手なんだろう?他のアジア諸国の方たちは、平気で母国語と英語をしゃべってるのに。 そんな疑問がありました。そしてふと、気付いたんです。  ああ、なんだ簡単なことだったんだ...
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。